コーヒーの勉強(忘備)

20180512-11

訳あってこんな本購入しました。
少し勉強したいと思います。

1.豆
2.焙煎の仕方
3.挽き方と点て方
4.水
5.挽いた豆の量とお湯の量の割合
6.ミルクや砂糖など

作り手(点てる人)がかかわれるスキルは上の6点かな?

サン=テグジュペリとウンベルト・エーコと浜口庫之助

小田原市フラワーガーデンではローズフェスタが開催されているので、会社のBlogの取材で行ってまいりました。
まぁ、せっかく行くのだから自分のBlogもちゃっかり書いちゃいます。

昨日、島牧師よりお勧め頂いた映画「薔薇の名前(1986年)」を見た仲間と、このある意味難解なタイトルについて討論をさせて頂いています。
カトリック教会の、地方の一修道院は、食うに事を欠く民衆に自分たちの残飯をごみ捨て場から捨てて渡すこと、また今でいうパワハラで食べ物を差し出すことで若い娘を買春する輩などの存在など、腐敗の温床でした。そこに調査に来た修道士とその弟子の話ですが、その弟子が淡い恋心を抱いたのが、その修道院のそばに住む名もなき貧しい少女でした。
この少女を「薔薇」と呼ぶというというらしいですが、討論の中で「星の王子様」の薔薇とダブって感じる。マリア(神)のアガペーな愛ではないか、という意見も出て興味深くやり取りを見ていました。

20180512-01

星の王子様の薔薇は、奥様のコンスエロさんを表現していると言われます。
冒険家で飛行機乗りのサン=テグジュペリ氏は奥さんとともにいる時間が少なく、それは物語の王子様と故郷の星に残した一輪の薔薇、遠く離れていても、目に見えなくても本当に大切なものは理解している、ということでもあったのでしょう。
そういう意味では、映画「薔薇の名前」も気になりながら名前すら知らないまま離別をしてしまいながら余命いくばくの時まで心の中で思い続けてきた女性は、サン=テグジュペリの言うところの「大事なものは見えない」に通じるものなのかもしれません。

20180512-02

作詞家の浜口庫之助氏もこの星の王子様をヒントにして歌を作ったという話があります(都市伝説かもしれませんが)
バラが咲いた 真っ赤なバラが 寂しかった僕の心に・・・
聞けば聞くほどベースの思想があり、それは星の王子様にダブります。 

20180512-03

さて、バラのシーズンです。僕はどうしても同じような視線で撮影するので、いつも昔のバターケーキの上に乗っているバラの花のような写真ばかりなので、今日はそれから脱却するためにも少しイメージを変えて撮ってきました。

あっ友人たちも売店出してがんばっていました。
小田原名産のギョサンと日本で唯一キャンピングカーでジーパンを売る男デニムマン 応援よろしく\(^o^)/

20180512-04

20180512-05

こちらにもどうぞ

互いに愛し合うべきです

2018年5月6日、松田聖契キリスト教会に与えられたみ言葉は、ヨハネの手紙Ⅰ 4章1-11節。表記のタイトルの説教を清水靖牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったこと、話を咀嚼し想像したことを含めて綴ってみます。(なお、新改訳聖書を持ち合わせておりませんので、下記聖書箇所は新共同訳聖書に基づきます。また、公式のメッセージについてはこちらをご覧頂きたいと思います。)

愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。子たちよ、あなたがたは神に属しており、偽預言者たちに打ち勝ちました。なぜなら、あなたがたの内におられる方は、世にいる者よりも強いからです。偽預言者たちは世に属しており、そのため、世のことを話し、世は彼らに耳を傾けます。わたしたちは神に属する者です。神を知る人は、わたしたちに耳を傾けますが、神に属していない者は、わたしたちに耳を傾けません。これによって、真理の霊と人を惑わす霊とを見分けることができます。

愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。



「神は愛なり」 クリスチャンになりたての頃、教会の友人から「不要になったものだけれど要るか?」と言われてもらった壁飾り。
今でも理解は全然できていないけれど、今より信仰理解のない時代、「神は愛する者」ではなく、「神」と言う「存在」が、「愛」と言う「抽象」「被物体」とイコールで結ばれていることに、何か違和感を感じたものでした。

20180506-01

今は、その信仰理解が正しいかどうかは別として、「神」を「物体」とか「存在」としてとらえることなく、「神」は「愛」のような「抽象の存在」「概念の存在」が僕の信仰理解なので、この言葉はとても好きな聖句の一つです。
「愛」と言う形ないものを、もし形にしたのなら、それが「神」だと思うのです。決して白いひげを生やしたおじいさんではありません。「アッバ(父)」とイエスが言った言葉、でも、その言葉は別に「父親」と言う意味ではなく、アガペー的に愛を注いでくれる親からあふれ出るその愛を言わんとしたのではないでしょうか?「父親」と言う存在ではなく、「親が無条件でそそいでくれる愛」「何も疑うことのない自分を愛してくれるもの」と言う抽象概念がこの言葉になった、その方が僕にはピンときます。

今日のこの箇所で、使徒ヨハネは神はその一人子を十字架の死と言う形をとり、人の罪を負わせたので、その神の愛に従ってお互い愛し合いなさい、と言われている。が、それを聞いて「はい、そうですか」言えるほど実は人間はピュアーではないと牧師は語ります。
イエス死後2000年の間、どこの地でかは戦争が繰り広げられ、いやこの日本でも2000年の間殺人がない日は一日もなかったのかもしれません。
殺されなくても、暴行を受けた人は後を絶ちませんし、その人に暴行をした人を許しなさい、と言うのは酷なことで、許せないと言うのが人間としての普通の感情でしょう。
今まで人を憎んだことなどないなんて言う人は誰も知り得ませんし、たぶん今後もいないでしょう。
愛し合いなさい、と言いながら、それは絶対出来切れない難解な業(ごう)の問題だと思います。

しかし前提をもう一度読むと、神は愛だと書かれています。だから愛し合えと言っているのです。前提は「神は愛」である(過去形)のだから、互いに愛し切れなくても、神はもうあなたを愛してくれているというのです。神は人とそう言う契約を結んだというのです。
その証拠がキリストが命をなげうって示した愛だというのです。
僕らが、「もっともっと」と神様に愛されるように努力するのなら、ではないのです。そのままでいいと言っているのです。

極端な言い方をすれば、どんな極悪人でもあなたや僕と同じように神様は愛されるのです。
鎌倉時代の僧侶親鸞の記した歎異抄には「善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや」とあります。善人だって極楽に行けるのだから悪人が行けない訳はない、と言う一節。
罪の赦しを乞う、神の前に額ずき懺悔し悔い改める、それは人前で出来なくても神と一対一の場でそうすることが出来れば、人は許せなくても神は赦したもう、ということでしょう。
人には出来ないことも神には出来るのです。

じゃあ、何もしないでいいのか?と言えば僕は違うと思います。
なぜクリスチャンになったのか?と問われれば、誰もがイエスのみあとを歩むため、と答えるのではないでしょうか?
数学で習う「ベクトル」、これは文学でも社会でも使える考え方です。ベクトルは「方向」と「大きさ」によって成り立ちます。
「方向」はイエスのみ後です。つまりは「互いに愛し合いなさい」です。難解な業(ごう)の道です。
そしてそこに「大きさ」があります。言い換えれば出来高があります。100%が神の望んだものであるのなら、10%かもしれない。8%かもしれない。それでもいいじゃあありませんか! 神はそんな劣等生の僕らも見捨てずに救いを約束しているのなら、出来るだけの隣人を愛して生きていきたいものです。方向だけは間違えたくないです。

#群馬わず (Ω)

GWなのか立地条件か道の駅こもちはP泊もしくは夜間の休憩の車で一杯。
早めの出発がこのあとの行動をしやすくさせると直ちに伊香保へ向かってGo! 
30分弱、まだ市営駐車場は3分入りの状態。石段下にInn。さぁ、撮影がてらお風呂に行こう(^_^)/

20180503-20

石段の湯は9時からなので、あと30分あります。上まで登ろうという4人にF田姉はここで待つと言われるので荷物を預かってもらいます。
大勢のガーコ隊長に見送られて370段ほど登ります。

20180503-21

歴史のある温泉街は、レトロな美しさ。同行の3人も楽しみながらの散策です。

20180503-22

石段くん。ゆるきゃらなのでしょうか、温泉まんじゅうが風呂桶をかぶっています。結構このキャラ好きかも(笑)

20180503-23

頂上の神社往復し、公共の湯「石段の湯」に。さぁお風呂へ入ろう。
脱衣籠は豊富。脱衣所と風呂との間に財布やカメラ程度を入れられる小さなコインロッカー(この大きさでは洋服は入りませんので、脱いでから貴重品を入れて、それから風呂に行くという作法)
さほど大きくない内風呂1つと10弱のカラン。褐色のかけ流し?の温泉です。午前9時過ぎですが、湯船には15人ほどで一杯。のんびりと、と言う感じではなかったですが、いい湯でした。

そばの徳富蘆花記念館に行きます。

20180503-24

熊本バンドが新島襄を頼って同志社に行く、その中のメンバーに徳富蘇峰、蘆花兄弟がいます。兄に委縮し、兄はホトトギスで大成した弟に嫉妬した関係も、死の床についた濾過からの電報を受け取った蘇峰の伊香保詣でで和解の最期の時、とあります。
また、ホトトギスの出筆後、トルストイに晴耕雨読の生活を進められ杉並後に広大な土地を購入し農民としての生活をはじめ、その土地が今の芦花公園であることや、あの当時聖地旅行をした話など興味深い話が展示されていました。

20180503-25

20180503-26

最後の時過ごした旅館の離れ。

20180503-27

庭にはツツジとその後方の新緑。彼もこうした美しい自然を見に遠い伊香保まで来たのでしょうか?
お恥ずかしながら一冊も読んだことのない徳富蘆花。ちょっと興味を覚えました。

さて、お昼です。昼食は、日本三大うどんの一つ水沢うどんを頂きましょう。

20180503-28

一緒に頼んだ石段コーヒー、お饅頭付きで200円。いや意外と(失礼)美味しかったです。

20180503-29

この後高速を飛ばして東松山の丸木美術館へ。
H田姉のたって(?)の場所。皆関心の深い5人なのでゆっくり見ることができました。
裸婦裸童のオンパレードです。つまりは軍人はほぼいないのです。それがこの苦しみを受けたやるせなさ・・・。たとえようのない絵が20枚ほどありました。
ここの説明は言葉じゃあできませんので、是非一度足を運んで自分で見てください。

さて、もう一泊して川越を探索しようと思いましたが、GWのお祭り。町中の駐車場はないのであきらめて4日の夜中に帰宅。
今年もお交わりを深めることができ感謝でした。

#群馬わず (3)

岩宿遺跡は、縄文以前の時代は現日本列島には人が住んでいなかったという学説を覆した一市民の相沢忠洋さんが、関東ローム層の中から黒曜石の矢じりを発見したところ。
シュリーマンがトロイの遺跡を発見したように、信念を持っての調査で石器時代の遺跡を発見した場所はやはりロマンを感じます。
浅間、榛名、赤城と言った噴火を繰り返した山のふもとの邨(むら) 石器を使い始めた頃はどんな生活だったのでしょうか?
ナウマンゾウや大ヘラジカ・・・・。行く直前に、ナショナルジオグラフィックか何かで、大ナマケモノの後ろをつけて行ったヒトが襲い掛かって獲物として仕留めた痕跡が土中から出てきたという話がありますが、噴火の中でそうした戦いが繰り広げられたのかも知れません。
土の色や礫の大きさで地層を分析し、多くの調査事実とあわせて過去を思い描く。相沢さんもそうした想像の世界から黒曜石を執念で見つけ出した一人なのでしょう。

少し離れたところに発掘跡があるとのこと。行ってみましょうか…。でもF田姉は少しお疲れ気味。聞けば近くにも駐車場があるとのことで車で移動。
無料の施設、映画の説明を見終わると同時に夕立。どしゃぶり。

20180503-16

調査個所は見ることは叶わずそのまま車に乗り込み、今日P泊をさせてもらう予定の榛名湖に向かいます。
この日に限りませんが最近はとみに強風の日が増えたと思います。N極とS極が反転する時期だとも言われていますが、そうした影響なのでしょうか?利根川を渡り渋川に入るころには車があおられる風。高速ではよくあることですが一般道でここまで強いのは珍しいです。

伊香保温泉への登り坂、そしてそれよりきつい榛名湖へのワインディングロードを走り、榛名湖へ。
しかし様子が想像と違います。
榛名山と湖のビジターセンターはクローズド。周囲も開いているお店が一軒もない。1軒あるガソリンスタンドも耐風雨用のカバーをかけてしまっていますの意思表示。人の気配がないまま夕食を探しに湖を一周。

20180503-17

20180503-18

ホテルや温泉の食堂(宿泊者のみだそうでNG)には人がいるんですがね…。
あきらめて道の駅こもちに向かいます。

伊香保の温泉はまた明日入りに来ましょう。

20180503-19
 

#群馬わず (2)

ここは、ジョイフルホンダというDIYセンターの運営している英風のガーデン。
きれいで写真を撮るのも楽しい場所。

20180503-02

20180503-03

20180503-04

20180503-05

20180503-06

20180503-07

20180503-08

たぶん、こうした植物園(英国庭園)を見たおとーさんが帰りがけに『よーし、パパも庭いじりしちゃうぞ』と道具を買ってくれることを予想して作ったのかも知れません。
上記のような庭師さんの造形美。そして下記のような植物の持つ美しさ。

20180503-09

20180503-10

20180503-11

20180503-12

20180503-13

20180503-14

20180503-15

何時間居ても飽きません(笑)
とは言っても、写真を撮らない同行者もいますし、趣味の違いもあります。
数時間お付き合いいただいたし、お腹が減りました。そろそろ出ましょう。

近所にあったファミレスでチャチャットお昼を済ません、岩宿遺跡に足を進めます。

#群馬わず (1)

世の若者に言わせると、「きれい」だとか「かわいい」写真だけではだめで、タイトルも「映(ば)え」ないといけないらしい(笑)
わずと言う言葉知っていました?僕はさっき知ったばかりなのでさっそく使ってみました(爆)

F牧師のお連れ合いさんのHさんをお誘いしてのF母娘との合同キャラバン。予定が立たずにいたところ急にGWはみな予定がないという事で下調べも早々に出かけました。場所は群馬でいかがでしょう?と。
僕としては無計画でも安心しているのは、2011年にF母娘と一緒に行ったことがある地なので、地の利があるから。

今回はまずは足利フラワーパーク。2日仕事を終えたF娘が母娘で20時過ぎに来宅、久々のキャラバンスタート。
目的地は道の駅みかも。小田原厚木道路~圏央道へ。都内を走らずに済むので北関東へは案外と早く行けます。
車中では、前回の時はどこでP泊させてもらったっけ?との会話。足利フラワーパークの駐車場だったような、と言う話になりそのまま同園まで走ることにします。
天気予報通り雨。でも明日は回復との予報。果たして回復の時間は?心配はそこ。
メインゲート横の駐車場は数台の先客。そのそばに止めさせてもらって、明日の天気の回復を祈って就寝。

目が覚めると、傘をさす人ささない人半々。つまりは無くてもどうにかなる天候。写真を撮る身にとってはそこは一番大事なポイント。
どうにかなる!!さぁ準備して出発だ。 とバッテリーとデータカードを装・・・着・・・? あれ入れははずのカードがない。
カメラバッグも着替えなどを入れたカバンも全部ひっくり返すけれど「ない」
あれ、確かに入れたはずなのにボケたぜぃ(>_<) 足利フラワーパークは諦めよう、このあとどこかでカードを買おう。
それでも入口の園の方に一応は聞いてみる、「お土産屋にデジカメのカードは置いてないでしょね?」するとありますよ、との回答。でも置いてあるのはSDカードのみ。今回僕は5Dを持ってきたのでカードはCF。「CFはもう使われている人少ないですから」…確かに^_^;

この施設は、500-1800円と入園料が変動します。そしてこの日は1300円。GWなのに、フジの時期なのに・・・。雨が降っているからかなぁ??
今年は梅もサクラも開花が早く、行きたかった富士吉田市の新倉山浅間公園も桜まつりの1週間前に散ってしまったほど。
そして足利フラワーパークのフジもご同様に既に散った後でした。キバナフジはきれいでしたが・・・。
カメラがあっても写真は撮れなかったと自分に言い聞かせて次なる地へ出発です。

京都のF田さんの出席教会から赴任なされた牧師が群馬県太田市にいると言われ、サプライズ訪問。
が、ご不在。
続いて、僕のミッション。そうカメラのキタムラ探し。3km弱に太田店発見! 伺ってみると、こちらのお店にはもうCFカード売っていないとのこと。しかも近隣他店にも照会してくれましたが、そちらにも無し。
もしかしたら量販店さんにはあるかもしれません、としきりに謝りながらお教えくださいました。いやいやこちらこそいいアドヴァイスをありがとうございます。自社や自グループ会社の利益ではなく、お客さまの利益になる情報を優先してくれることはとてもうれしいこと、カメラのキタムラ太田店さんありがとうございました。
お近くのヤマダ電機に行かせてもらい無事Get。

20180503-01

実はヤマダ電機にもCFカードはありませんでしたが、SD→CFのアダプターがありましたので、これとSDカードを購入。これで今後CFカードが無くなっても大丈夫です(^_^)/

さぁこれで次目的地のアンディ&ウィリアムスボタニカルガーデンでは思いっきり写真が撮れます。

小田原市 生活保護行政に関する 検証会

小田原市生活保護行政に関する検証会なる集会が30日14時から小田原駅前のUMECO1―3会議室で開催されましたので行ってまいりました。
寿日労のKさんや、パトメンバーのKさん、そして昨秋に「さとにきたらええやん」をご一緒に実行委員としてご尽力くださった方10名ほどと知った顔がずらり。
事の顛末は、小田原市ジャンパー事件を検索してもらえば概要は理解頂けると思いますし、拙Blogでも「生活保護行政乃あり方検討会」には行われた4回の協議とそれを受けてのシンポジウムの様子を書きました。
最後のシンポでは、『「有識者と協議して提案を頂いた」だけでは済まない。1年間その提案を受けてどう変革していくかの検証が大切』と行動こそ反省と言う強い姿勢を自らに課し、この日になった訳です。
会場はマスコミ数社を含む多くの方でほぼ満席。その前には、5名の有識者の皆さん、小田原市関連部署の福祉健康部長、生活支援課長ほかの職員が向かい合って座り、市長と座長の井手氏のあいさつでスタート。
支援課長が、配布された「生活保護行政のあり方検討会からの改善策に対する取り組み状況」とそれに付随した資料を読み上げてから、各有識者の方が意見を発現されました。
膨大な意見交換なので、僕が強く記憶した数点のみ記載します。

ここまで1年間通常の業務をこなしながらの新な施策提言を矢継ぎ早に作成し実行を重ねた行政の尽力に対して、各有識者の方は一様に及第点を評価されましたし、僕自身もそう思っています。
特に3月末に検討会を終えて、わずか1カ月ほどで「新生活保護利用のしおり」を作り上げた熱意にはただただ驚いた覚えがあります。

しかし、満足いくかと問われればそんなことはありません。昨日今日のこの日の案内をUPした際にも記しましたが、NPO無料低額宿泊所は一時避難でありながら、アパートへの転居を申し出ると、申し出た日から無低の管理人さんの意見を踏まえアパートの転居を認めるか協議する、と言った言語道断のガイドラインを持っております。
金づるである入居者が施設から出て大丈夫かどうかをその施設利用者と言う関わりの深い人の意見を聞くと言うのは、まさに癒着以外の何物でもないことをやっているのが実態です。
しかし、それを小田原市だけの問題にしてでは解決しません。これは県行政の下達であり、そもそもセーフティネットである住居を民間に委託していることが問題なのです。
でも、野宿を余儀なくしている方々、それを支援する僕らは、目の前の行政である市町村にその問題点を提議し解決に向けての努力をしていただくしかないのです。

有識者の一人和久井氏は、「(今回の改善策について)いちばん大切なことは利用者がどう評価しているか?」だと言います。
まさにその通りで、野宿を余儀なくしている方、様々な困窮でこの制度を利用しようとしている人に、『小田原市は変わった』ことがわからなければ、絵に描いた餅です。
その点はどうでしょう? 今日このような集会があることを市民のどれくらいの人がご存じなのでしょうか? 小田原市は、どういう手法で市民に広報したのでしょう?
評価の以前に、情報が伝わっていないことを危惧します。

また、和久井氏はこうも言いました。「困った時相談できる、信頼感のある市役所になったか?」
今日の行政の回答は聞いていて難しい部分が多かったです。それだけ高度な施策をしているのでしょうけれど、それが市民に伝わらないと意味を持ちません。
毎日その仕事をしている担当者なら、生活保護法と生活困窮者自立支援制度は違うことは当然のことで、語る言葉に主語がなくても、今語っているのは保護法なのか自立支援制度なのかは常識的に使い分けていますが、僕らは頭の中で咀嚼しないとどちらの話をしているのかわかりません。この点も利用を希望している人に明確に聞き取れるように語ってほしいものです。

猪飼氏は、大前提を振り返ってみようとこのあり方検討会の発足に戻って意見を言われます。生活保護はセーフティネットでありながら、その存続は形式的になり下がり、使わせない前提での業務になっていた。この点の反省をどう活かしたかが今日のポイントだと語ります。
それに対して和久井氏が捕捉します。
高齢者、障碍者、その他の方の保護受給率の増加に比べ、母子家庭のそれは変化が異なる、と言うのは昨年から何度もお伝えした、と。
それに対して支援課長は、推測の域を出ないが、
1.小田原市は家族と同居している率が高く、保護の利用をしなくて済む人が多い。
2.例えば幼児の送り迎えや病院通院などで車が必要、かつ、生活保護になると車の所有が出来ないと思っている人が多い。
3.住居確保給付金等の事前の貸し付けをうまく利用している
と語りましたが、和久井氏より、相談に来たとき、車がつかえなくなってしまうことを苦慮しないように、先読みして不安になりそうなことを払しょくしてあげる努力も生活保護を利用してもらう努力ではないか、と語ります。

施策やマニュアルはかなり出来上がりましたが、こうしたPRや思いやりの対応などはまだまだスキルアップは必要だと思います。
そして、有識者からの提言は、市民への啓発についても定義がありました。
例えばこども食堂などは、貧困だけに特化すれば、行っていることがばれれば貧困故のいじめの対象に遭うかもしれないと思えば来なくなる。
また、貧困困窮と言うのは経済的な物だけではない。
つまりは『生き易い小田原』『街づくり(ケアタウン)』として生活保護行政は市民と向き合わなければならないと。
そうなると、主体は生活保護担当部署ではなく、全市を挙げての街づくり計画になるでしょう。
そして行政が向かおうとしているベクトルが市民のそれと一致しているのか? 協力をしている市民グループと充分な情報共有を持っているか? など、市職員のクローズドの研修ではなく、開かれた皆で作り上げる町づくりとして、この問題もうまく利用してくれればと思います。

何度も言いますが、まだまだ細かい点については、僕はもろ手を挙げて合格とは言えません。が、1年間と言う機関の中で行政内部の改革は十分果たせたと思います。
あとは利用者、利用者以外の市民、関連グループと充分な意見交換と情報共有を今以上やっていければ、あり方検討会の意味が出るものだと思っています。

わたしにとどまりなさい

2018年4月29日、松田聖契キリスト教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 15章1-8節。表記のタイトルの説教を清水靖牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったこと、話を咀嚼し想像したことを含めて綴ってみます。(なお、新改訳聖書を持ち合わせておりませんので、下記聖書箇所は新共同訳聖書に基づきます。また、公式のメッセージについてはこちらをご覧頂きたいと思います。)

「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。わたしにつながっていない人がいれば、枝のように外に投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、それによって、わたしの父は栄光をお受けになる。


説教の初めに清水牧師はぶどうに関する2か所の聖書を紹介されました。

イザヤ書5:1-7
わたしは歌おう、わたしの愛する者のために そのぶどう畑の愛の歌を。わたしの愛する者は、肥沃な丘に ぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り 良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった。さあ、エルサレムに住む人、ユダの人よ わたしとわたしのぶどう畑の間を裁いてみよ。わたしがぶどう畑のためになすべきことで 何か、しなかったことがまだあるというのか。わたしは良いぶどうが実るのを待ったのに なぜ、酸っぱいぶどうが実ったのか。さあ、お前たちに告げよう わたしがこのぶどう畑をどうするか。囲いを取り払い、焼かれるにまかせ 石垣を崩し、踏み荒らされるにまかせ わたしはこれを見捨てる。枝は刈り込まれず 耕されることもなく 茨やおどろが生い茂るであろう。雨を降らせるな、とわたしは雲に命じる。イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑 主が楽しんで植えられたのはユダの人々。主は裁き(ミシュパト)を待っておられたのに 見よ、流血(ミスパハ)。正義(ツェダカ)を待っておられたのに 見よ、叫喚(ツェアカ)。

マルコによる福音書12:1-8
イエスは、たとえで彼らに話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、垣を巡らし、搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を受け取るために、僕を農夫たちのところへ送った。だが、農夫たちは、この僕を捕まえて袋だたきにし、何も持たせないで帰した。そこでまた、他の僕を送ったが、農夫たちはその頭を殴り、侮辱した。更に、もう一人を送ったが、今度は殺した。そのほかに多くの僕を送ったが、ある者は殴られ、ある者は殺された。まだ一人、愛する息子がいた。『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、最後に息子を送った。農夫たちは話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』そして、息子を捕まえて殺し、ぶどう園の外にほうり出してしまった。

こうした聖書の御言葉から
神は正義を重んじる人々(甘いぶどう)を望んだのに、正義を踏みにじる人々(酸いぶどう)が出てしまったと語り、また、預言者(マルコの喩えの僕)を軽視し侮蔑し殺し、そして神の子(マルコの喩えの息子)を十字架に付けて殺したという、当時のイスラエルの農業の中ではわかりやすい農作物を喩えに使っていることがわかります。

そして今日の箇所も十字架の死を待つイエスの喩えなので、それはのんきに読むような箇所ではなく、この世の悪(人の心に入り込む)ものがいることを示し、それとの闘いを命ずるイエスの言葉として聞きたいものです。

清水牧師はこの箇所に「とどまる」が何度も使われていることに注視します。ぶどうの枝として幹と繋がって居れるようにとどまれ、と聖書は言うのです。

よくアクション映画で、主人公と敵役が高所で戦うシーンがあります。得てしてそういう時はどちらかが足を滑らして落ちそうになるのですが、仲間か相手が手を伸ばし必死に落ちるのを防ぎます。
いろいろなパターンがあります。落ちそうな人が落ちたくないと相手の腕をしっかりつかむ場合、助ける側が相手を落とすまいと必死に相手の手を握る場合、敵役が今までの自分の行動を恥じて相手の出した手を振りほどいて落ちていく場合。
今日の聖書は「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。」と書かれています。僕らが何かの理由でキリスト教に希望が持てなくなっても、イエスは「わたしもあなたがたにつながっている。」と言ってくれています。
アクション映画で言えば「いいか、俺が絶対お前を助けるからな」と何とか落ちかけている人を引き上げる手はずを考えてくれているのです。落ちかけている僕らは、その手を振りほどかない限り助かるエンドが待っています。あなたがしっかりつかんでくれている手を振りほどかない限り落ちることはないのです。
「とどまる」とはただ神を信じてぶら下がっているだけでいいのではないでしょうか?
そもそもそんなシチュエーションで落ちかけている人が自ら何か出来る術はありません。ただ信じるだけ、ただ相手にすべてを委ねるだけです。
ぶどうの枝である僕らはそうやって生きることで救われることに希望があります。

小田原市生活保護行政に関する検証会

20180430-01

ジャンパー問題に端を発した福祉政策について、有識者からの意見提案を受け福祉課は取り組んでまいりましたが、2017年8月の時点ではまだまだ無低とのかかわりなどは腰が引けた状態で、市との意見交換の席では改革に向けて発奮を促したところです。
そして9月、私事ながら転居をし、活動になかなか参加できなくなりました。

さて、その後半年どれだけ変革したのか? 有識者の方々は、それをどう評価するのか? 興味あるところです。
数日前になってしまいましたが、ご参加できる方はぜひ参加してみてください。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター