邪馬壹国はどこでしょう?

不遜にも言わせて頂ければ、今回の九州キャラバンに刺激されたかどうかはともかくとして、キャンピングカー仲間でありBlog仲間のakakageさんも、邪馬台国論争に加わられました。
akakageさんも言われていますが、この魏志倭人伝、矛盾と言うか解釈の違いと言うか、はたまた記者がわざと邪馬台国にいけないようにしているか、は定かではありませんが、素直に読むと邪馬台国の場所を特定できないようになっています。

【地理】

一番の要因は、不彌国までは「至る」若しくは「到る」『何里』という距離の長さで記しながら、投馬国、邪馬台国へは「陸行」「水行」『何日』と言う日数換算に変わっている点でしょう。
そして、帯方郡を出発して邪馬台国まで12000里と記していながら、10700里まではある程度予想がつきながら、残り1300里を、投馬国まで水行20日、(そこから)邪馬台国まで水行10日・陸行1月としている点でしょう。凡そ100kmの区間です。脚力がめっきり弱った現代人でも2日もあればいける距離です。

****

【政治】

国同士は、それぞれ国王を立てて緊張関係が保たれています。そこには『仲間』と『他人』の区分けがあり、また力関係で、支配者-従属者も存在していたでしょう。それは、魏志倭人伝にも、ここまでの国々は邪馬台国に隷従しているが、狗奴国は男王を立てて邪馬台国には服従していない(高い緊張関係がある)と記されている通りです。

つまり邪馬台国の時代は、完全に周囲を平定して、穏やかな平和一色であったわけではないことを物語っていると思います。

****

そうした前段を考慮して、話を魏志倭人伝の【地理】に戻します。残念ながら、魏志倭人伝の中から隣国まで何日かけて行ったかは読み取れませんので、1日50kmと仮定してお話すれば、投馬国までは1000km、邪馬台国の陸行1月に至っては1500kmと言う距離になってしまいます。

これが、畿内説や沖縄説などを生み出した理由かと思いますが、もし、僕が自分の知人の家を第三者に教える時は、ポイントポイントを教えると思います。途中まで詳しく、その後がさつな説明ではたどり着ける人も着けません。車に乗っていてナビがよく、目的地周辺です、といいますが、その最後が一番知りたいんだ、と思うことはよくあるでしょう。同じ細かさで教えてほしい、と言うのは共通の願望だと思います。
海と言う目印も乏しく住民のいない場所は致し方ないでしょう。ですが、九州上陸後、この記者は500里、100里(35km、7km)といった間違えない程度の距離の隣国を教えています。
これは、邪馬台国に従わない国家もあることから襲撃されないように行くためには重要なことだと思います。1000kmに亘って敵対する勢力がないとは思えません。もし、その間に敵対する勢力がないのなら、それはそれで、その間に立ち寄って仮庵と食事の接待をしてくれる『クニ』を、北九州のように記載するはずです。
邪馬台国に離反している国家がすぐそばの狗奴国だけだとは考えにくいのです。それなのに不彌國から先は20日かかります、1ヶ月かかりますよ、と言う不案内な方法でしか書かれていないのはなぜでしょうか? その間移動をしている記者たちはどこで寝て、何を食べたのでしょう?
その間は絶対迷わない「何か」があるか、若しくは実は【本当はよく知らない】のが原因ではないでしょうか?

キャラバンの中の伊都国の項でも記しましたが、伊都国に関しては漢の役人の定宿(迎賓館)がありますので、役人を迷子にしてはいけません。ですから正確な地図があったと思われます。それが【到る】と言う特別な文字を使った理由だと思います。つまり【到る】は目的地で、【至る】は経由地だったのではないでしょうか?
伊都国から先は、ある意味漢の人間にはどうでもよかったり、案内は倭人が必ずするので、明確に記載することも無く、しかも邪馬台国側も何日か待たせたり、歓迎会をしたり、と日数も過ぎ去って、でも上部には飲めや歌えやで楽しくしていた、などと伝えられないで、ついつい10日、20日、1ヶ月といってしまった、なんていうところが真相ではないでしょうか。ですから、距離は書けないのです。書いたら【嘘】がばれてしまいます。

素人Takeの勝手な推測です。今回現地を見て、伊都国の裏には三瀬峠や背振山など行く手をふさぐがごとく屏風のように立ちはだかる山をみました。流通・交流は可能だと思います。でもあの山の向こうの集団に支配されることはあったのか? 少し疑問が残ります。
僕は北九州から然程遠くないところ、12000里-10700里=約100kmにあると思います。
伊都国から東へ100里の奴国は室見川岸。不彌国はそこから東へ100里の博多南方(海岸線が今と違う)。そこから、『例の』針摺の瀬戸を水行し投馬国。尚も瀬戸を下れば鳥栖・久留米の平野が広がります。国家の一番大切なのは、民衆を食べらせて、有事に働いてもらう労働力として確保しておくことでしょう。そのためには国家は稲作の出来る平野である必要があると思います。
久留米あたりはかの吉野ヶ里は瀬戸の対岸に位置する場所で、きっと豊かな土地だったのではないかと思いますが、いかがでしょう?
北九州
地図はクリックすると大きくなります。赤丸が『クニ』だったと推測している『おおまか』な場所です。



akakageさんの関連BlogにTBさせてもらいました。


PS
2009/05/14 ALPSLAB route と言うソフトで、針摺瀬戸の高低図を調べてみました。まぁ、お遊びの範疇ですが、大宰府のあたりが高い(海抜100m)だけであとは平坦な平野が続くんですね。
こちらで遊んでみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今日一気に後の記事読みました。
感想「読む事に疲れた!」
邪馬台国の僕の推理も、順番に投稿します。
又意見いかせてください。

No title

>akakageさん

長くてどうもすいません(笑)
懲りずによろしくお願いします

No title

コメントありがとう御座います。
僕の推理は下記のとうりです。

中国からは「倭」と呼ばれていた九州王朝が、「日本」と称するようになったが、中国は以前からの「倭」という国名で呼び続けた。
後に九州王朝を併合した大和政権が九州王朝から「日本」という国号を受けついだ。

2009-05-16 00:09akakage URL編集
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター