FC2ブログ

ポーランド戦を終えて

サッカーワールドカップがことのほか盛り上がっています。
特にグループリーグ初戦で強敵のコロンビアを破ったあたりから、本戦への期待が高まりヒートアップしたように見えます。
僕はサッカーはあまり関心がないので見てはいませんでしたが、1勝1分けで迎えた第3戦直前は、「日本が本戦進出するためには?」と言う星取シミュレーションがTVや新聞、インターネット画面に踊っていました。
『負けても相手次第』
そうした中、0vs1で迎えた後半は、このまま負けても決勝本戦に行けると踏み、パス回しで時間を稼ぎ思惑通りに本戦に行きましたが、その作戦には専門家からにわかファンまで様々な意見を出したのを目にしました。

なにゆえか?

それはプロ競技だからなのでしょう。
プロ競技は勝つことで報酬をもらうものですから、勝つことに全力を注ぐのは当然のことです。プロ野球で今年松坂投手が押し出しの四球を出しましたが、それは長打を打たれる確率より押し出しの四球を与えて次の打者を打ち取る可能性が高いのなら1点で済むという計算で、姑息と言われれば姑息なのかもしれませんが冷静な判断で勝利に結びつけたと感心しました。
貪欲に勝つためには広い目と冷静さが大切なことかもしれませんが、パス回しの時間稼ぎも同じなのでしょう。

同時にプロ競技の資金は何か?が問題になるかと思います。
それは観客の入場料金で会ったり、多くの視聴者がいることを目論んだTV放送にスポンサーとして企業がつくことで生じると思います。
ですから観客を楽しませることがプロ選手には求められています。プロ野球で例えるのなら、往年の王選手のようなスーパースターは別格として、でも、人気のある選手は必ずトップの成績であることはなく、新庄選手のパフォーマンスや衣笠選手の武骨な連続出場記録、初々しい東投手のもぐもぐタイムと関心の幅は広くとも関心もたれることで、会場に足を運ぼうとするわけです。TVを見ようとするわけです。

この2つから、プロは勝つことを目的としながら、関心を持ってもらうプレーをすることが求められております。
その一面から言えば、後者を無視したことが今回騒動になったのでしょう。見ていて楽しくなかった・・・・。
とはいえ、もし全力プレーで0vs2で敗れたなら、なんであそこでパス回しをして時間稼ぎをしなかったんだ、それも作戦の一つだろとたたかれることは火を見るより明らかで、何をしようがたたかれるのは有名人の宿命として諦めるしかないのかもしれません。

さて、そんなこんなででも進んだ本戦。黄金期のベルギーとの戦いとか。格上相手の戦い。ドラゴンボールの悟空じゃないけれど「ワクワクしちまうぞ」と、この日はプロとしてではなくスポーツマンとして、強い相手とただただ楽しんで戦ってくれればいいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター