FC2ブログ

「静」を探せ

鎌倉ものがたりの主人公の一色正和さんの行きつけは「静」と言う飲み屋さん。3巻に初めてそのシーンが登場するわけですが、当たり前のことながら架空のお店。
でも、西岸良平氏もリサーチしてモデルとなるお店から想像を膨らませたでしょうから、僕もそんな店を探してみたいところです。

20171119-41

20171119-42

場所は、小町通から入ったところ、だけれど亜紀子さんが迷子になる迷路の奥。
赤ちょうちんの居酒屋。
席はカウンターオンリーもしくはカウンターメイン。
美人の女将が運営している。
客同士が仲良くなれる。

さて鎌倉にそんなお店があるものか…と探してみると、何となくそれを予感させるお店が…。
今回の鎌倉探索の〆はいさむにすると致しましょう。

15時30分に店発見!!
まだクローズドの文字なので近所を歩けば中華料理店(ドキッ) でも漫画のお店とは規模が違います(笑)

20171119-43

数分前に戻ればちょうど女将さんがのれんをかけてオープンするところ。さっそくお邪魔します。
カウンターは10席。あっという間に4組のお客さんで店内はほぼ満員。
まだ16時だよ、飲みの時間には早いのに…。口コミの評判を聞いてきたような客層(って僕らもだけれど)。

親子なのか美人女将が接客と言うのも漫画通りの展開。

20171119-44

カウンターには御燗用の湯煎。これは日本酒にしなくてはいけません。

20171119-45

鎌倉五山から参ります。付き出しは山芋と明太子。

20171119-46

妙にひねらない。パッと出て酒に合うものを素早く出すというのが付き出しでしょう。それにまだ16時なのにみんな頼む頼む(爆) 厨房はてんてこ舞い。
我が家も負けじと(別に競争している訳じゃあないですが)次から次へ。
でも、あじのたたき、長井湾のものだとか。ねっとりとして美味かった\(^o^)/ 小田原の魚もうまいけれどね、鎌倉や三浦の魚もうまいよね。 これと日本酒だけでもいいや(笑)

半時も過ぎた頃空いていたカウンターの隣の席に若いカップルさん。
エレベーターから意気投合(あっ、言っている意味の分からない方は是非“いさむ”へ)。
神は人に口を作ったのはうまい酒を飲みながら会話を楽しむため・・・なのかもしれませんが、しかしそれも当たりはずれがございます。何の因果か空いている席に座ったばかりにおやぢの戯言に延々と2時間も付き合う羽目にさせてしまい、いやいや酔っぱらっていたとはいえ申し訳ありませんでした。
しかしおかげさまで僕らは楽しい酒を飲まさせてもらいました。ボランティア精神豊かな方が隣でよかったです(笑)

お連れ合いさんが宮古のご出身。沖縄にも思いをはせました。

そうそうこのお店のもう一つの魅力。
それは・・・

20171119-47

この点は「静」と違い、「静」をこえています。やっぱり煙草の煙気になります(>_<)
終わりよければすべてよし、楽しい鎌倉探索の休日でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いさむ

お店の名前がよろしいですね( ^ω^ )

鎌倉かぁ
2008年に行ったのが最後
再訪したいです

Re: No title

いい塩梅のきめの細やかさ、っていうんでしょうか…北海道の勇さんに通じるお店でもありました。
今回僕らが行ったようなおどろおどろした所だけじゃなく、おしゃれなお店もたくさんあるし、いい被写体も一杯あります、是非是非お越しください。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター