原爆投下の日

正確な時期は失念したが1980年代中旬から小田原のスクランブル交差点で小田原在住の被爆者の方と一緒に原水禁の署名と募金活動を約30年続けた。
きっかけは、

20170809-01

20170809-02

の絵本でも紹介されたHさんの音頭取り。(右下の小田原と書かれた方)
世の中を変えることが出来るほど大きな力ではないことは分かっているけれど、町の中で大きな声をあげてPRすることが、すなわち風化防止。なんだかわからない輩がでかい声張り上げていたな、原爆がどうだとか…。そんなあやふやな理解でもいい、原爆と言う言葉がインプットされれば、いつかその記憶が蘇える。
何割の方に理解して頂けたかもわからないし、今日日「長崎に原爆が投下された年月日は?」と問われて何割が正解を言ってくれるかも知るのも怖いくらいなデータなんだろう。少しでも食い止められればと切に思う。
その活動が今から約30年前に終止符を打たざるを得なかったのは、もう被爆者の方々も(もちろん僕ら教会での協力者も)高齢になり、夏の暑い昼下がりにやれるだけの体力が無くなってきたから。活動をやめなければならないのは悔しいいし苦しい。
苦しい…それは思いが広がらないという側面がそういう気持ちにさせる。始めた方の意志が通じ国の考えが改まったならともかく、思い半ばでやめてしまう事は申し訳ないという気持ちも湧く。
でもスタンディングだけがPRではない。今僕らは自由にFacebookやツィッター、ミクシーなどのSNSに投稿する権利を持っている。
9日、僕らは今一度原爆に想いを馳せよう! 唯一の被爆国、いやそんなことはない、実験地に住むネイティブアメリカンやビキニ環礁の住民たち、そしてチェルノブイリに住んでいた方々・・・。みんな被害を受け困窮の日々を過ごしている。そうした人たちと一緒にやはり原子力の使用は人類には無謀だと言わなければならない。そしていかなる理由であれ人を殺める権利が無いことも声を大にして言い続けたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター