釜ヶ崎フィールドワーク(2)

余韻が覚めない…(笑)

子どもの里では、突然入ってきた見ず知らずのオッチャンである僕にも子どもたちは興味津々。人懐っこく、洋服の裾を触ってきたり、通り抜ける時にちょっと手を伸ばして僕の体を触りながら抜けていく子もいた。
想定内の事だがこのタッチがちょっとうれしい。

知らないおじさんに声をかけられても返事しちゃだめよ。
この言葉はすでに僕の子どもの頃から聞いた言葉。
でも僕らの子どもの頃は同時に近所の顔見知りの人の家にはずけずけと上り込んだりもした。

声かけられても無視をするように。隙を見せないように。子どもにそう教えるアチコチ。
昔よりもそういう危機感持たざるを得ないと思う親御さん増えたよね。そう言わざるを得ないのなら治安が悪いんだよね。

でも釜はそんなこと言われて育っていないのだろう。あのさりげないタッチは、僕を仲間として認めてくれた証。声をかけられたら返事をしていい仲間として認めてくれた証。

釜は治安が悪いといううわさがある。でも本当はどっちが治安が悪いんだろう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター