6月22日のパトビラ(№983 - 水でも食中毒になる場合もあります -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

妙高山に課外授業に出かけ、湧水をその最中や持ち帰って家族と飲んだ人たちが相次いで食中毒にあった、と言うニュースが6月6日の毎日新聞で報じられました。
山中の湧水は毒されていなくおいしい水と思いがちですが、野生動物や鳥の糞尿を経由して細菌が含まれているケースも少なからずあります。前述の食中毒事件もカンピロバクターによるものでした。乾燥と加熱に弱く、逆に冷蔵に強い細菌ですので、冷蔵庫の普及した現在では冷蔵の過信から被害数も多く、ノロウィルスに次いで事例が多いと言われています。
皆さんはあまり山登りをする機会はないかもしれませんが、小田原市内でも井戸水など地下水を汲める場所もあります。「飲料には適しません」、と言う標記もある場所もありますが、理由は様々でも多くは細菌検査をしていないが故の標記なのでしょう。対策は煮沸することです。
特にこれからは気温も高く細菌の繁殖が多くなります。飲食の素材は煮炊きをすることはもちろん、箸や食器、まな板や包丁なども煮沸植毒を心がけてください。
それでも腹痛や吐き気などがあった場合は、食中毒を疑って早めに医者に行ってください。食中毒は思っている以上命に係わります。


高温多湿の日本において食中毒を引き起こすさまざまな最近の活動が活発になります。
最近自身が悪さをする場合は最近を死滅させれば問題は解決します。今日書いた事例はまさにそのようなもの。カンピロバクターは60余℃でも死滅しますので、煮沸消毒並びに煮炊きで結構抑制は出来ます。
でも、黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌は、最近が毒素を作りそれを摂取することが問題になるわけで、耐熱毒素の場合は生き物でないのでいくら煮炊きをしても発症する恐れがあります。
また真空パック内のように酸素が無いと活動する菌が居たりと保存形状だから大丈夫と言う認識も必ずしも正しくないです。
色々な食中毒菌がいて、そのすべてを野宿の仲間に覚えてもらうのは酷です。故に体調不良を感じたら医者に行くという部分だけご理解いただければいいな、と思う次第です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター