みんな違ってみんないい

安倍内閣の支持が落ちないのは僕の中では七不思議の一つです。国体護持のために個人の権利を押さえる、義務を強要する主張は、つまりは中国・北朝鮮のやっている共産主義にほかならないでしょう。
共産主義自身僕は多くの日本人が持っているほど嫌いではありません(支持政党ではありません、主義主張が合わない人の除籍率はたぶん日本の政党の中でもトップだと思います。話し合えない、トップダウンの姿は望ましいとは思えません。)
でも、ひとつの方向性しかもたずに一丸となってというのは危険です。個人の権利を度外視してお国のためにと言う生活は、放映される北朝鮮のそれであり、第二次正解大戦中の日本のそれです。
余剰なものを持っていない人と分かち合うならともかく、上記2例は持っていない人から絞り出させてでも国体護持のために使用したわけです。
そうした悪しき風習を当然とさせるために、自分では考えらせない、「しょうがないよ」とあきらめらせる洗脳・・・。
一つ方向に一丸となって進み、そして日本は敗戦を迎え、北朝鮮も現在は困窮の生活の中にいるように報じられています。

夢枕獏氏が著書の中でアンモナイトとオウムガイの違いを書かれていました。
アンモナイトは律儀に月齢を殻に刻みましたが、オウムガイはいい加減でした。
その結果アンモナイトは条件が外れた時に全滅をし、オウムガイは新たな条件に適合したいくつかの種のみですが生き延びました。

国家とは何か? といえば貝で言えば種。国民は個でしょう。
個がみな同じにされた時、国際ルールから外れたりすれば種自身は亡国となるように思えます。1か0か、というデジタルな思想は危険です。是々非々でみな意見を出し合い、論議し合うからこそ素晴らしい社会が育まれると思います。
本来優柔不断に変化が可能な融通性が求められている中、国体護持という道徳教育で思想を洗脳するがの如く同じ価値観のみにし、共謀罪で違う価値観の人を告発逮捕させる、それではアンモナイトになっちゃいます。

明らかに国体という共産社会の構築を進めているのではないでしょうか? 中国共産党、金一族の独裁国家、それと同じような日本になった時に国民の生きる喜びがかなり束縛されてしまうような気がしてなりません。
しかし、知ってか知らずか、声が上がることは少ないです。口をつぐんでいる人の姿が、北朝鮮の町行く人があれだけ困窮しながらも主席をほめたたえる言葉しか口にしないのとオーバーラップしてなりません。
その姿はマスコミにもあてはまります。表面は批判の報道がなされても、突っ込んだところまで報じる姿は少ないです。のど元過ぎればの喩の如くフェードアウトでニュースが消え去ります。政治が財界に、財界はスポンサーとしての圧力をかけている事が容易に推測されます。

フレキシブルなみんな違ってみんないい、これこそが国力を増進させるものだと思うのです。自分の理想の国家像を語り合いたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター