恐れながらも大いに喜び

2017年4月16日、小田原教会に与えられたみ言葉は、マタイによる福音書 28章1-10節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。
すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」
婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」



『死からの復活』を証明できる人はいないし、逆に説明を受けずに受け入れる人もいません。
パウロもアテネの教会においての記載に『死者の復活ということを聞くと、ある者はあざ笑い、ある者は、「それについては、いずれまた聞かせてもらうことにしよう」と言った。』(使徒言行録17:32)と書いています。
まぁ常識的に突然出会った人がいくら「先生」と呼ばれるような偉大な人でも、「死者の復活」を語ったところでそう簡単に信じることはできないと「イエスの死からの復活」を前提にしている宗教書である聖書にすら書いています。

立証はできませんが証言はあります。今日の箇所もその一つです。
聖書を読む僕らは、復活を前提に物語を読みますが、日曜の朝イエスの墓に出向いた婦人たちはどんな気持ちでいたでしょうか?
心の片隅には、イエスの死が嘘であってほしい。信じられない。もしかしたら、と言う気持ちがあったでしょう。でもその気持ちはあきらめの中で、でも諦めきれないという感情でしょう。
3・11や熊本地震に際して、家族がつぶれた家の下敷きになり2日経ったとか、津波にのみ込まれて1週間経っても、家族は期待を消しきらない、そんなかんじでしょう。非常につらい葛藤・・・。
でも、そうは言いながらも無理だ、と言う諦めも感じています。だから遺体が腐敗して異臭を放っているだろうからと香油をもって出かけたのでしょう。生きている前提なら遺体処理を想定していないでしょう。

しかし彼女らはイエスを見た訳ではありません。「空の墓」を見ただけです。
ですから、当時のローマの人たちは民衆が騒がないように必死に収集を図ります。曰く誰かに遺体を盗まれた。しかしローマ兵が見張っていたはずだし、自分の職務を放棄すればそれなりの罰をうけます。自分の命を懸けて、また家族や親族まで影響が及ぶことがあるかもしれなければ、イエスの遺体を盗む必然性は全くなくなります。

イエスは本当に甦ったのか?と言われればわかりません。が、自分や家族親族までの影響を考えれば、本当に甦ったことはなくはないと言っても過言ではありません。
この後弟子たちの前にもイエスは現れます。それまではイエスの事を知らないと言ったり、もうこのままエルサレムに居ては自分の身が危ないと故郷に帰ろうとした弟子たち。彼らはみなイエスの弟子として殉教の死を遂げます。なぜ弟子たちは急変したのでしょう?
殉教できる勇気(?)はどこから出てきたのでしょう? 人生をひっくり返すような出来事があった故ではないでしょうか?
命を懸けるような人生の衝撃事件。僕は残念ながらまだ出会っていませんが、それだけの大きな出来事には科学では解決できないほどの驚きがあるのかもしれません。
それがただ一人ではなく10余人。すごい事件があったことは推測易いです。10余人が人生を変える事件を今推測したところで推測の域を出ませんからこれ以上言いませんが・・・。

では僕らはイエスの復活、イースターの出来事から何を考えなければならないのでしょうか?

もし誰かが、イエスの復活を科学的に立証したとして、また信じたところで、「ああ、2000年前にそんなことがあったのだね」と感嘆で終わってしまったら…それが自分の人生に何の影響もないものだったら、復活したところで何にも意味がないでしょう。
僕らはイエスの復活からイエスのみあとを歩む必然性を感じます。併せて死に打ち勝ったということを知り不安を払しょくすることです。
イエスの歩みのみあとを歩めば死さえも怖くないということを信じる事が復活の出来事です。

さて、イエスは婦人たちにガリラヤへ行くよう伝えよ、と言います。ガリラヤとはなんでしょう。それは弟子らの故郷、生活の場です。特別な場所でなければイエスに会えないのではなく、毎日の生活の中でイエスはいつも隣に寄り添ってくれています。

イースターおめでとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター