七福神到来

14時30分を廻った江ノ島は、まだ多くの観光客と神社詣で客でごった返していました。でも、僕らの目的はあくまでも「鎌倉ものがたり」ツアーです。
今回は、引き続いて2巻に収録されている「七福神到来」の舞台を歩いてみます。

20090109-31

20090109-32

時は今、お正月。一色先生の奥さんの亜紀子さんは、初夢で宝船に乗った七福神が向かってくる夢を見ます。そしてその日、一色先生のところに長谷の長者と呼ばれる植木屋さんが美しいからくり箱を持ってきます。なんでも先祖代々の宝の隠し場所の秘密があるのだとか。 見事にそのなぞを解いた一色先生と長谷の長者の末裔の植木屋さんは、江ノ島岩屋海岸に向かいます。


大学の時に、地方からやってきた同級生に東京近郊を案内しろと言われてはやってきたのは、江ノ島・鎌倉でした。特に北海道小樽出身のO君はこの稚児が淵海岸が好きで、その後も事あるたびに授業をエスケープしてここに行こうと申し出てきました。根が嫌いではない僕も二つ返事で了承し、そういう時は貧乏学生の二人、小田急に乗り藤沢から徒歩で稚児が淵まで来てボォ~っと海を1時間ほど眺めて帰ったものです。しかしその頃は岩屋海岸への道は封鎖されていて入ったことはありませんでした。言い伝えで、この穴の置くと富士山がつながっているとも言われ、なんともミステリアスでしたが、強い波が岩を砕くその中を渡らなければたどり着けない場所なのでとうとう行けずじまいでした。平成の御世になってからか、道路の整備がなされ、海に張り出した遊歩道は悪天候の時意外は歩けるようになり、僕らは今日始めてこの洞窟を探索しました。途中竜宮城に戻る亀を見ながら(笑)進むのです。(写真)

20090109-33

中はろうそくの明かりで進みます。そして天井(洞窟の岩盤むき出し)の高さは1.5mほど。真っ暗な中かがみながら進むと多くの石仏が安置されていました。

20090109-34

鎌倉時代北条氏は、夢枕に現れた竜神からのお告げで、繁栄を極めます。その竜神がくれたのが3枚の竜のうろこ。それを家紋としたのがミツウロコだそうです。財宝の隠し部屋は見つかりませんでした。が、もしかしたらこの竜が体をはって守っていたのは、財宝なのかもしれません(笑)
20090109-35


テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター