認められて生きる

2017年3月26日、小田原教会に与えられたみ言葉は、マタイによる福音書 17章1-13節。表記のタイトルの説教を長井美歌牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペトロが口をはさんでイエスに言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。お望みでしたら、わたしがここに仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。弟子たちはこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。イエスは近づき、彼らに手を触れて言われた。「起きなさい。恐れることはない。」彼らが顔を上げて見ると、イエスのほかにはだれもいなかった。
一同が山を下りるとき、イエスは、「人の子が死者の中から復活するまで、今見たことをだれにも話してはならない」と弟子たちに命じられた。彼らはイエスに、「なぜ、律法学者は、まずエリヤが来るはずだと言っているのでしょうか」と尋ねた。イエスはお答えになった。「確かにエリヤが来て、すべてを元どおりにする。言っておくが、エリヤは既に来たのだ。人々は彼を認めず、好きなようにあしらったのである。人の子も、そのように人々から苦しめられることになる。」そのとき、弟子たちは、イエスが洗礼者ヨハネのことを言われたのだと悟った。


長井牧師は今日の箇所は2つから成り立つと言います。
1つは山頂。つまりは僕らが普段いない世界、言い換えれば神性のイエスとの出会い。
もう1か所は山から下りた場所、僕らが生活する日常の場。イエスの人間性。

そしてもう一つ。12弟子のうちに山頂に伴ったお弟子さんは、ガリラヤ湖畔で漁をしていた4人で一番最初に弟子にした人のうちの3人です。
そしてこの3人が最後の晩餐の後ゲッセマネについて行った人でもあります。つまり山頂と言うイエスの神性を知って地上と言う日常の場でイエスとずっと共にいた人だという点です。
しかし、これだけの感動。イエスの神性を知りながらも、ゲッセマネではイエスの苦悩の祈りを見聞きしながら居眠りをしてしまうのです。

毎週のようにこのBlogで説教を聞いた後のインプレッションとか自分のオピニオンを記していますので、読まれている方は、なんでキリスト教の信仰は「神に委ねる」ことばかり強要されて自分の切なる願いを聞き入れてくれないのか? と思っている方もいるかもしれません。
が、この弟子たちの姿を見て、一瞬の奇跡を見たところでその感動が長く続かないことをご理解頂けるのではないでしょうか?
そして「神に委ねる」と一緒にいつも書いているのは「そのままのあなたを愛してくださっている」ことと「インマヌエル=神共にまし」です。
山頂の感動を忘れて居眠りをし、そしてその後イエスを見捨てた弟子たちです。ですが、イエスは見捨てなかったのです。愛し続けてくれたのです。
見捨てて逃げた弟子たちが、再度勇気をもって集まった時に、弟子たちは何の新しいスキルを得たから集まった訳ではありません。そのままの姿で、弱く頼りないままでした。
でも一人一人できることを全力でしようと言う意思をもって集まりました。
生き生きと生きる事、その延長上に宣教があった訳です。

奇跡を見ることではなく、ただ生き生きと生きる姿こそ、キリスト教の信仰を表しているのだと思います。
教祖が宙に浮いた、とオウム真理教は信徒を集めました。教祖が亡くなった有名人とチャネリングができると新興宗教の教祖は言っています。でもだからなんだ、としか言いようがないのです。教祖のそんな奇跡を見て喜んでお金を出すのは遊園地のアトラクションで楽しいショーを見ているのと同じです。一瞬で終わった後はむなしさだけが残るのではないですか?本当の信仰は生き生きとした明日、感謝と希望と祈りが残ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター