ジャンパー問題

昨日第三者による検討が始まり、それでまた大きなニュースになっている小田原の福祉。出席したものとして他の方のご意見はいかがなものか? と、関係ワードを入力しサーチ。するとちょっと面白い話にぶつかりました。
それは、 二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します、投稿してください!さまの1月17日のコメント。
名前をアンノーンとしていますし、メールアドレスなども記入していないので、まったくどういう方なのか? 文章から推測される市福祉関係者なのか? も分かりませんが、
多くの方がカチーンときたジャンパーの文字について誤解があるとの弁明。
、We are the justice,must be justiceは「我々は正義であり~」と訳されてしまっています。しかしながら、当時の私の想いとしては、「我々は公正であり~」
・・・つまり、公務員なんだよ、それを心せよ、というつもりだったということでしょう。もしそれならニュースを見聞きした人の印象はどうなのか?と思います。

ジャンパーに関しては問題点は2点。
1つは文字の内容。
もう1つは外出時に着たこと。
昨日の第三者検討会において、委員の方のお調べでは、当初は外出着ではなかった、と語られました。
だとしたら、1,2点とも大きく捻じ曲げられた情報で僕らは問題視してしまったかもしれません。

そうだとしたら検討すべきは10年もの間何故多くの市職員がこのジャンパーを着ていたにもかかわらず、誰も気づかなかったのか?注意をしなかったか?という点になるのではないかと思うのです。
行政は縦社会とか言いますが、その欠点が如実に表れてしまったこと。市長たちも大事に思っているはずの福祉の部署に出入りした時も、仲間として会話を交わすことが無かったのではないか?と思われる点です。

ただ、1つ気にかかるのは、このコメント投稿者の方は市福祉課の方のようです。なぜこの問題がニュースになった時釈明をしなかったのか?は気掛かりです。
Unknown (Unknown)
2017-01-21 06:33:18
この件に当時、関わったものです。大きな問題となり、全国の受給者の方々、市民の方々、職員等々多大なるご迷惑をおかけしており、申し訳なく思っています。まず本件について、深くお詫び申し上げます。
 文章に関しては、私が関わっています。報道されているとおり、本文は「不正」受給に関するものです。ただ英文の訳し方に関しては、テレビ等で報道されている解釈と違う点があり、関わった職員として気になっております。
問題の文は、冒頭、We are the justice,must be justiceです。これがテレビ等で「我々は正義であり~」と訳されてしまっています。しかしながら、当時の私の想いとしては、「我々は公正であり、公正でなければならない(公務員である故)」との意味で作文しており、報道では、「我々は正義だ。~」などと報道されてしまっていますが、公務員の原則である公正、公平の意味でjusticeを用いています。後文で用いたinjustice「不正」との対比でもjusticeが適当だと思いました。拙い英文なのですが、「正義」と「公正」ですと受け取り方が異なるかと思います。少しでも誤解が解ければと思います。
 私自身、深く反省しております。何より生活保護を受給されている方、小田原市民、懸命に働かれている職員の方々に多大なるご迷惑をおかけしている現状。やりきれない想いです。この一文が問題の論点ではないということも重々承知しておりますが、少しでも誤解を解くことがないことができないかと考え、コメントをさせていただきました。
 現場の職員は熱い想いで真面目に働いています。着用していた職員は、経緯を知らずに着ていたのです。それは文意を伝えなかった私自身の落ち度でもあります。
 この件については、組織の了解を一切取っていません。特定され、処分となれば処分を受けることも覚悟の上です。それでも構いません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター