12月15日のパトビラ(№9578- ハードルが高ければ潜ればいい -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

思いがけない行動を起こした動画を放映するTV番組があります。特に小さな子どもは僕らが思いつかないような行動を起こすものです。
聖書にも「子どものように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」と書いてあります。
人生の中で障害に出合った時のことを陸上競技をモチーフに「ハードル」と言う言い方をするときがあります。八王子にある浄土真宗本願寺派延立寺の掲示板の「ハードルは 高ければ高いほど くぐりやすい 」と言う言葉が書かれていたそうでインターネットで話題になりました。聖書に記された子どもの柔らかな発想と相まってこの言葉が響きました。
乗り越えられないような高いハードル、陸上選手なら猛練習をして伸び越すことを考えるでしょうけれど、幼稚園に行くか行かないかの子どもを走らせればたぶん何の拘りもなく潜って走り抜けるでしょうね。あまり自分自身でがんじがらめに無理だと決め込まないこと。そこにヒントがあるような気がします。
さて、炊き出しも2週間徐々に参加者が増えてきました。次は18日、25日と午後の2時30分から行います。どうぞお越しください。


聖書と言えども、そこに聖霊が下って各人に書かせたと言えども、それは人の手によって書かれた書物。そしてそれを読むとなればそこには読み手の意志と好き嫌いが生じ、どうしても読み手の色がついてしまうものだと思います。
子どものように神の国を受け入れる、と言う事がここでは聖書学的にどうなのか?と言う難しい話は抜きにして、お寺さんのご住職の書かれた「ハードルは 高ければ高いほど くぐりやすい 」と言う言葉にこの聖書の箇所が頭に浮かぶました。

原発の再稼働とかTPPとか、僕の周囲の世論は反対者が圧倒的に多いです。
が、さまざまなしがらみで賛成の与党に投票する人がごまんといます。
なんだか自分たちで自分たちの社会を難しくしている気がします。
生きやすい世の中になりますように! クリスマスを前に生きやすい世の中を作れと願って独り子イエスを世に送ってくれた神様に感謝。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター