10月20日のパトビラ(№952 - プライドをなくし世界から信頼を失った -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。


国連総会第一委員会で、核兵器禁止条約の審議がなされた。核兵器は、危険で違法な兵器なので、作ることも、持つことも使うこともだめだけではなく、実験をすることも禁止するという内容。国連第一委員会の170余国のうち、賛成し禁止を求める国は123か国、中国など16か国が棄権、すでに核兵器をもっているアメリカ・フランス、イギリスなど38か国が反対、つまりこのまま核兵器を開発させ持ち続させろ、と言いました。多数決の論理で委員会は世界の方針として核兵器廃絶に向けての一歩を歩み始めましたが、唯一の核爆弾を落とされ多くの人が亡くなった日本は、アメリカの意向を汲み、核の開発保有は必然と反対に回りました。これには世界中の代表がびっくり!! アメリカやイギリスと言った国と違う唯一の核兵器被爆国ではないか、あんたが言わずして誰が言う! 自国民が大量に虐殺された核兵器を開発使用の許可を出すなんて何を考えているのだ!! と驚かれています。
結局日本ってこういう国なんだね、自国民の苦しみを百年もしないうちに忘れてアメリカの言いなりに従っちゃうんだ。こうして日本の評価は世界からの信頼につながります。信頼のなさは貿易や国際交流に影を落としていきます。


武士道を全面的に支持する気はないけれど、「道」がつく以上彼らは理屈を重んじました。たとえば忠誠心などはそうでしょう。
そしてその忠義の源は、大義(正義)だったのでしょう。正義に反するのは人の道に反するという「恥」の文化。
辱めにあうくらいならと言う潔さ。

ところが、国民を守るという大義を国はいとも簡単に捨ててしまったわけです。
武士道から言えば「恥を知れ」と罵られても当然のことをしてしまった。

どうするニッポン、世界に恥をさらしてしまったぞ。そんなニュースでした。
そして核開発を否定しないという事は、中国や北朝鮮の開発にも批判をしない意思表示になると思います。自らの首を絞める意思表示だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター