宗教改革の意義

2016年10月30日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ローマの信徒への手紙 3章21-28節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。
神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。なぜなら、わたしたちは、人が義とされるのは律法の行いによるのではなく、信仰によると考えるからです。


熊本市の白川公園に行く用事があり、ホテルから会場に行く途中に福音ルーテル教会があり、その階段下の掲示板に2mを超える大きな500年と書いた看板。同行の友人と「なにか?」を論議しながら歩いたのがつい2週間前。
たぶん間違いなく1517年10月31日から500年に向けてのイベントの話だと思います。
1517年10月31日はウィキベキアにも載る大事な日、M.ルター師がローマ教会の贖宥状の販売を糾弾する「95ヶ条の論題」をビッテンベルグ城教会の壁に貼り出した日。

お金があり免罪符を買える人だけ罪が許されるという考えはいかがなものか? 今を生きる僕らにしてみればそんな馬鹿なことがあるか!と思わず憤慨しそうですが、今でもおかしな宗教は、弱みにつけ込んで高額なツボや石を買わせるから『宗教屋』の仕業は古今変わらないのかもしれません。
カトリック教会も1500年前ペテロがまとめたころはイエスのみあとを歩もうとしていたはずなのに、茹でガエルの法則ではないですが、徐々に堕落をして言った結果最悪の状況になったのが16世紀なのでしょう。

イタリアではルネッサンス文化が花開き、今までの自分たちの作品や文化を再検討しました。人や教会組織から言われたものを描くのではなく自分の描きたいものを描くという自由。
そうした時代もあり、宗教もイエスの言わんとした、またしようとしたことの本当は何か?を追求したのが、ルターの宗教改革です。

イエスはすべての人を神の国に招いてくれています。それを人がお金のあるなしで差別するのはおかしい。そういう社会へのプロテスト。
そのプロテストは実は今でもしなければならないプロテストでしょう。

沖縄に行ってきました。
戦争はすべきではない。多くの人がそう語ります。しかし、沖縄の基地問題には、声をあげる人は多くありません。沖縄の問題だからと自分に火の粉が被らないことに対して、僕らヤマトの人は知らんぷりを決め込みます。

でも、立ち上がらなければならないことがある。当時のカトリックの絶大な権力に比べれば、僕らが生きる今の日本は十分に声をあげられる余力が国民にあります。出来ないとしたらそれは僕ら国民が声をあげないからにすぎないのでしょう。

ルターは、聖書の中で活躍したパウロの変動に力を得たのでしょう。サウロと名乗っていた傲慢でもあり律法主義の人が、イエスに出会いパウロと名を変え信仰義認という「人の業である差別を否定」しイエスのみあとを従ったように、間違った社会にプロテストして命を懸け正い社会づくりをした。権力に対して一歩も引かなかった、たじろがなかった。
僕らもイエスに従い、パウロに従い、そして中世のルターの生きざまのように、地の塩・世の光となり間違ったことにプロテストする人生を歩みたいものです。そしてそういう教会でありたいです。
宗教改革は16世紀にあった過去の出来事ではないのです。いまでも気をつけていなければ同じことを繰り返しますし、声を上げる勇気をなくせば免罪符を売る人だけが世を支配します。

プロテストする力は権力に比べれば格段に弱く小さいです。でも、ハチドリの一滴の喩えではありませんが、山火事を消せます。人生をかけて真理を追究し続けたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター