くまもん頑張るもん熊本訪問記(2)

20161015-34


RFLはもう今更僕が書くこともないでしょうけれど、改めてこのイヴェントが個人参加ではなくチーム参加を呼び掛けている事に陽の目を当てたいと思うのです。
それは24時間タスキをつなげる(交代で歩く)と言う前提から始まった事ですが、今やそれはほとんど現実的ではなく多くのチームは夜間は休憩の時として、実行委員会や大手企業メーカーのチームに委ねています。それは大病の経験者故に大事なことです、無理をする必要はありません。
それでもチームで参加することは、テント内での雑談がしやすい事。よりどころがあること。
そして文化祭で言えば、この日は本番。つまり準備を共有することで、ともに同じ釜の飯を食い、共に汗を流した(チーム準備)の時が絆を深めるからでしょう。
RFLはできればチーム参加出来てもらいたいですし、「がんでもいいじゃん♪」はいつでも門戸を開いております。
今回も僕ら夫婦は「はじめまして」のお二人とご一緒させてもらいましたが、共通項のあるお仲間さんですし、お二人が非常にフレンドリーな方でしたのであっと言う間に旧知の中のようなお交わりをさせていただけました。

さて、熊本の話題に戻します。白川公園は町のど真ん中にありながら、そしてその横を国道3号線が走っているにもかかわらず、静かで自然豊かな場所でした。
木々の下を、芝生の横を歩ける場所です。

一番の思い出は、アクママリン(上天草がんサロン・天草総合病院)の野点

20161015-24

20161015-22

20161015-23

キリスト教にとって一番近しい動物は「羊」です。イエスを羊飼いと呼び私たちを羊とたとえることもあるほどで・・・ですからこの茶碗を見た瞬間にクリスチャンの方が作られたと思ったほどです。
残念ながらそうではないとのことですが、この茶碗欲しくてたまりません。窯元分かれば是非ご紹介いただきたいです(笑)

そう、食べ物の話題が無ければRFLぢゃない(爆)野点に次いで・・・
今回はしゅんさん・ひろぽんさんお手製の…いやひろぽんさん義妹ファミリーの馬肉カレー。初参加のファミリーのお子さん(小学生)が、ジャガイモや玉ねぎを大量にコツコツ調理してくれました。ありがとう\(^o^)/
馬肉カレーは馬の油が濃厚でまったり。あとを引く旨さでした。じゅんさん御用達の十穀米と相まって最高。あればあるだけ食べちゃいそうでしたが、そこはお・と・な(笑) 他の人のことも考えて自粛しましたが本当にうまかったです。
どれくらいおいしかったかと言えばがっついて食べたので写真が無いほどです(ゴメンナサイ)

竹を駆使したルミナリエは、竹の内側を染めての演出。きれいだった。
でも、僕にはコンデジは向いていないことが判明。両手と顔(ファインダを覗くので)でしっかりとカメラを支えるタイプではなく、手を伸ばして液晶を見ながら撮るタイプはシャッターを切るのがいい加減になるようで、夜の写真はボケボケばかり。
雨ででもない限り次からはまた一眼レフに戻すことをここに宣言いたします(笑)

20161015-27

20161015-26

20161015-25

そしてわんこ達が多かったのもこの大会。僕は熊本は初めてでしたが、同じグループの仲間の複数のBlogにいつもワンコが載っていたことを思い出します。

20161015-29

20161015-32

20161015-31


いつもながらのミーさんたちからの献品のバッグと、しゅんさん仕入れのピカピカグッズは今年も好評で、

20161015-21

わがチームの寅さん・・・ではなくまきどんの露天商ぶりもすごかったですが(笑)

20161015-35

の募金をすることが出来ました。
また、この金額以外にも、アメリカサンノゼにありますウェスレー合同メソジスト教会日語部から2万円もの献金を頂き、募金に加えることが出来ました。

20161015-36

海外からのご献金とお交わりに感謝です。

同教会は、2015年4月にサンノゼカンブリアン地区のリレーフォーライフに参加した際バックアップをしてくれた教会であり、同時にJazzKatsu(リンク先はFacebook)と言う活動を通して福島と熊本を応援してくれている教会です。

日本の社会はまだまださまざまな蔑視偏見があります。もちろん「そんな気はない」と言うようなところでも、溝があったり壁があったり、心から許しあえて会話が出来なかったりします。
そうした中、RFLの会場はがんに関しては蔑視偏見は皆無です。愚痴の悩みもすべて吐き出してすっきりできる場所です。お気軽に参加してみてください。

20161015-33

20161015-30


また、医者や専門家の方もたくさんいます。恐れ多くて話していいものか…。そんな不安は目をあわせて話すところにあるような気がします。
歩きながら、と言うのがいい、と言うのは以前このBlogに記しました。
歩きながらなら気軽に打ち明けられるものです。
どうぞ勇気を少しだけ絞って語ってみてください。
RFLの良さが理解できると思います。

20161015-28

熊本の実行委員さんのポリシーは自分の目指すものとベクトルが同じで心地よかったです。
とかく地元の議員さん行政の長たちの挨拶が長かったり、このイヴェントががんサバイバーさんのものでないように感じるところも少なからずある中、緩やかな雰囲気の中サバイバーさんが交流を楽しめる場所も多く用意されていたのは好印象でした。
実行委員の皆さんのお働きに心から御礼申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター