ボリビアの田舎町

夢には腕を伸ばせば捕まえることが出来るものと見果てぬ夢があると思います。
旅好きの僕はいくつかの都市を可能な夢と捉えていつの日かで向けることを楽しみにしています。
その中で一番遠いところにあるのは、聖地巡礼であり、もう一つは南米。ウニユ塩湖と言う景観地、そして同国内にはチェ・ゲバラ終焉の地があります。
ウニユに関してはいけないのは経済的な理由だけですが、ゲバラ終焉の地であるイゲラ村はせっかくボリビアまで来たのだからちょっと足を伸ばして行ってみようよ、なんて言えない辺境の場所。
治安や言葉の壁、そして情報量なども含めたらまさに見果てぬ夢。

ところがこんなBlogSiteをみつけてしまいました。
僕のようなマニアックな者にとっては1,2を争う素敵な旅行会社のユーラシア旅行者の添乗員Blog。そこには、
周りは全てアンデスの山々。デコボコの砂道をカーブを切り返しながらゆっくり走る。こんな所で彼は何を思って最後の時を迎えたのだろうか?そんな事を考えながら過ごした旅でした。ボリビアのこんな奥地まできたツアーはおそらく始めてでしょう。個人客はいるものの今までツアーとしては日本人がくることはなかったはずです。(吉枝)

20160929-01
(赤のランドマークが件のイゲラ村。その左下の大きな雪原のような白い場所がウニユ塩湖。左上の藍色に写る国境の湖がチチカカ湖)

チリやボリビアの都市の多くはアンデスの山の上にあります。そこからアマゾンのジャングルに向かって降り立った場所。そして革命家としての潜伏の場所です。
2011年の記事、しかも旅行詳細は書いてありませんが、厳しい行程にも関わらずボリビアのこんな奥地まできたツアーはおそらく始めてでしょう。との記載からツアーが行ったという事なのでしょう。
さすがはユーラシア旅行社、値段も日数も分からないし、検討をしたところで無理なことは分かっていますが、こんなツアーを考えてくれることにただただ感動をしてしまいます。
見果てぬ夢はGoogleMapと行かれた方のBlogと想像力でカバーしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター