神の子

2016年9月18日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 10章31-42節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


ユダヤ人たちは、イエスを石で打ち殺そうとして、また石を取り上げた。
すると、イエスは言われた。「わたしは、父が与えてくださった多くの善い業をあなたたちに示した。その中のどの業のために、石で打ち殺そうとするのか。」
ユダヤ人たちは答えた。「善い業のことで、石で打ち殺すのではない。神を冒涜したからだ。あなたは、人間なのに、自分を神としているからだ。」
そこで、イエスは言われた。「あなたたちの律法に、『わたしは言う。あなたたちは神々である』と書いてあるではないか。神の言葉を受けた人たちが、『神々』と言われている。そして、聖書が廃れることはありえない。それなら、父から聖なる者とされて世に遣わされたわたしが、『わたしは神の子である』と言ったからとて、どうして『神を冒涜している』と言うのか。もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい。そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう。」
そこで、ユダヤ人たちはまたイエスを捕らえようとしたが、イエスは彼らの手を逃れて、去って行かれた。イエスは、再びヨルダンの向こう側、ヨハネが最初に洗礼を授けていた所に行って、そこに滞在された。多くの人がイエスのもとに来て言った。「ヨハネは何のしるしも行わなかったが、彼がこの方について話したことは、すべて本当だった。」そこでは、多くの人がイエスを信じた。




信仰をもたない方と「神の啓示」が一番お話しし難いのかもしれません。果たして「本当に」神からの啓示なのか、はたまた仲介をしている預言者(教祖)が神から言われているように「ふり」をしているのか?これはなかなか「証明」ができません。
今日の説教の中で牧師は「悟れ」と語りましたが、確かに「証明」が出来ないのなら受け手が「悟り」自分自身で「信じる」しかないでしょう。
でも個人的にはもう一つ僕なりの分け方を持っています。それが今日の聖書の箇所です。
私を信じなくても、その業を信じなさい。と言う言葉。
新興宗教の中で、どうも胡散臭いという宗教があります。得てしてそういう宗教は教祖が「俺の言うとこ」を重視しているように見えます。やった業がPRのため、と見えてしまう感があります。
どうしても宗教が、他人を恐怖に落としてそこから救うというマッチポンプをすることで、名誉とお金を手に入れようとしているように見えてしまいます。

『私を見るな、私が指し示している人を見ろ』さくじつ天に召された牧師がいつもそう語っていました。宗教が宗教である所以は結局、この生きている間に何をするかと言う行動指針でしょう。それを言葉でなく実働で、つまりは「俺の背中」を見せることで周囲を納得させる、それこそが「神の啓示」ではないでしょうか?

今日与えられた御言葉の中でイエスが語った言葉は旧約聖書、つまりはユダヤ人たちが大事にしている聖書の言葉からきていると牧師は語ります。 【賛歌。アサフの詩。】神は神聖な会議の中に立ち 神々の間で裁きを行われる。「いつまであなたたちは不正に裁き 神に逆らう者の味方をするのか。弱者や孤児のために裁きを行い 苦しむ人、乏しい人の正しさを認めよ。弱い人、貧しい人を救い 神に逆らう者の手から助け出せ。」
彼らは知ろうとせず、理解せず 闇の中を行き来する。地の基はことごとく揺らぐ。わたしは言った 「あなたたちは神々なのか 皆、いと高き方の子らなのか」と。しかし、あなたたちも人間として死ぬ。君侯のように、いっせいに没落する。神よ、立ち上がり、地を裁いてください。あなたはすべての民を嗣業とされるでしょう。


唯一神であるユダヤ教において、神々というのはどういうことか?と言う僕らの疑問を予測してか、牧師はそれを講解します。ここの神々とは、神に仕える、つまりは神に準ずるものまで含んでいるということです。
神に準ずる程の人間が、弱者の救済をしないこと、これをイエスは語っています。業を信じろ、愛を持って行き切った姿を僕らに見せて「悟る」機会を与えてくれた神。でも神の仕事はそこまで、神の啓示をどうするか?それは僕ら人間に与えられたことだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター