夏休みはひょっこりひょうたん島(2)

わがイクスス号は購入してから13年。購入した時は知らなかったのですが、カーナビゲーションって5,6年経つと更新できなくなるんですよね。そんな訳でわがイクスス号のナビは7年ほど前に止まったまま。朝食を食べた場所のすぐ先の庄川インターまでしか道は続いておらず、この先は案内看板だけを頼りに走行します。
でも、地の利がしっかりしていないとそれは失敗を引き起こします。
高岡、富山、金沢と言う分岐。能登半島の富山湾側と言う知識だけで富山に進路をとりましたが、待てよ万が一違ったらと思い、ここからは下道を走ります。しかし能登半島の大きさをしっかり把握していなかった。ここから約2時間、わが小田原から横浜に行くような距離がここで待っているとは…。しかもナビは氷見の阿尾から県道18号、県道244号をチョイス。海に突き出しははずの能登半島の山の中をひたすら走ります。

ほうほうの体で能登島ねやフィッシングパーク太公望へ。

akakageさんとはキャンピングカーのBlogを通じて知り合いました。そして2008年金沢で1度お会いしました。
氏のBlogの武勇伝は、金沢の片町でakakageさんが歩くとまさにモーセが海を割ったように目の前がサッと両側に広がったと言う話と夜にお会いした時も真黒なサングラスをかけてこられたので、僕の中ではプロレスラーの蝶野さんのオーバーラップしていましたが、この日お会いしたのはまったく雰囲気の違うakakageさんでした。
Mっちさん曰く、最近は小さなお子さんからトトロと呼ばれているとか。
「遠いところ」と恐縮したように言われましたが、その距離を無にするほどのお人柄は、大きな会社を経営したり、海外の会社のコンサルをするだけのスキルにも続く正義感あふれる社会問題への書き込みと本当に弱者に優しい側面をお餅なのをBlog等を通じて感じているのと、トレーラーを購入したのをきっかけに牽引免許を取り、このあとも船舶の免許を取りたいというアクティブな側面と僕と類似した歴史などのミステリー好きな一面があるからです。誰かと時間を共にしたいと言うのはそういう面があれば、時間や距離は関係ないですよね。

さて、気の使い方は昔通り、いやMっちさんのパワーが増した分のお二人の歓迎を受けました。
夕食まで時間があると、まずはMっちさんもオーナーになっている能登ワインへ。
能登島には2本の橋がかかっており、大橋ではない方のツインブリッジを渡り、七尾北湾を撒くように行った先の穴水から山中に入ったところにあります。

20160821-13

20160821-14

Mっちさん曰く、能登半島地震で大きな被害を受けたこの地で復興のためにオーナー制度をうちたて賛同したということで、そんな多くの人の思いが大きなブドウ畑を育んでいます。
まだ若いぶどうが多いせいかワインもそうしたものが多いように感じました。
お二人からサプライズプレゼントで、2010年と2013年の同じ銘柄のワインを頂いちゃいました。

20160821-12

漫画マリアージュのワイン、心の雫の2本です(^_^)/
スペシャルサンクス!! でも、僕レベルの舌でその違いが分かるかが不安です^^;

20160821-11

そして和倉温泉の立ち寄り湯総湯へ。
飲泉もあります、と言う言葉に少し口に含んだものの、マグネシウムの苦さが口に広がります。豆腐が生き物だったらさぞかし辛い人生だと思うほど苦じょっぱかったです。
客である僕が迷子にならないようにお二人はサッと入っただけで、玄関と待合室に分かれて待っていただきまして恐縮千万です。

そんな楽しい時間とおしゃべりをさせて頂き、RVパークねやフィッシングパーク太公望に戻り夕食をごちそうになりました。
#能登島
#キャンピングカー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター