何を信じればよいのか

2016年6月26日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 4章43-54節。表記のタイトルの説教を長井美歌牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)



二日後、イエスはそこを出発して、ガリラヤへ行かれた。イエスは自ら、「預言者は自分の故郷では敬われないものだ」とはっきり言われたことがある。
ガリラヤにお着きになると、ガリラヤの人たちはイエスを歓迎した。彼らも祭りに行ったので、そのときエルサレムでイエスがなさったことをすべて、見ていたからである。イエスは、再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である。さて、カファルナウムに王の役人がいて、その息子が病気であった。この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞き、イエスのもとに行き、カファルナウムまで下って来て息子をいやしてくださるように頼んだ。息子が死にかかっていたからである。
イエスは役人に、「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」と言われた。
役人は、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と言った。
イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。ところが、下って行く途中、僕たちが迎えに来て、その子が生きていることを告げた。そこで、息子の病気が良くなった時刻を尋ねると、僕たちは、「きのうの午後一時に熱が下がりました」と言った。それは、イエスが「あなたの息子は生きる」と言われたのと同じ時刻であることを、この父親は知った。そして、彼もその家族もこぞって信じた。これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである。



「神を信じる」ことは何か、はよく考えることがあります。
聖書をはじめ、どんな宗教でもその宗教書は自身の宗教の正当性を言うために、「奇跡」物語があります。信じた故にこのような奇跡が起こった、と言うのは常套手段です。
この役人も信じた、まさにその時に子どもが治ったという記述に同じ宗教書の薫りを感じます。
僕たちは教会ではご利益宗教ではない、事を教わります。
信じたからと言って神は僕らの願いどおりにはしてくれません。それは、僕らの願いの祈りは神の目から見れば間違っているかもしれないからです。僕らは神の足元にも及ばないから、僕らの祈りは、自分の願いが叶うようにではなく神様の御心通りになりますように、です。

それでも親が子を思う気持ちは、アガペー:無償の愛です。己の命に替えても守りたいものです。そうしたアガペーは神のご意志でもあるのでしょう。人間の祈りが神の御心であれば、それは叶う祈りでしょう。

イエスは言います。奇跡を今見せてくれればあなたを信じるというのでしょう?
それに対して役人は、そんなことどうでもいい、とにかく助けてくれ、と言うわけです。藁をもすがる気持ちにイエスとやり取りをする時間すら惜しくて、早く家に来てくれ!と悲痛な叫びをあげます。

20160626-01

カファルナウムからカナまでは40km近くあります。(カナの場所は諸説あるようですが・・・。)
そこを必死になって走ってきた役人さん。その姿を思い描くのは難しくありません。ここで今さらイエスの奇跡を見ないうちは本物かどうかわからない、なんて悠長なことは言っている暇ないでしょう。本気で信じたからこそ40㎞も走ってきたのでしょう。野獣もいる荒野ですから危険もあるでしょう、でも彼の頭の中はわが息子のことで一杯。横に野獣がいたとしても目に入らないほどで、必死の形相に野獣もビビってしまったかもしれません。

この必死さが祈りなんでしょうね。
はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。マルコによる福音書11:23

僕は祈りながらも多分信じきっていないです。戦争が無くなるように、と祈りながら、心のどこかで無くならないだろうという諦めが共有しています。まさに奇跡を目にしないと信じられないのか!?と言われたらその通りと答えざるを得ないのです。
祈りは神を信ずるもの。しかしそれは僕にとってとても難しいこと。
でも信じられない僕にも神は寄り添ってくれています。
神は僕らをそのままでいい、と愛してくれる。そこに救いと神の御心を信じ暮らしていきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター