待機児童と参院選

実母の事を相談しに市役所に行った。
要はこうだ。
流石は僕の母親、「健康に留意をしなさい」と言う周囲の言葉には耳は貸しても自分に甘く行動がともなわない、その結果、糖尿をはじめ様々な病気を抱える人生のラストスパート。(僕自身も毎年のメタボ検診で運動不足を言われるが出来ていない(>_<))
糖尿から認知が進むものの、そして最近は足腰も弱り歩いては転び救急搬送が続いたので、一昨年から要介護施設に入所したのだが、肝がんから浮腫が進み、他の病気も相まって月に1,2回救急搬送されることが増えた。
病院の入院費+施設の介護費を合わせると費用も大きくかかり、また深夜の搬送が何度かあると介護する家族も負担が大きい。幸い妹がそれを担ってくれているが、それも限界に近づいた。
ケースワーカーさんは、費用的にも介護者の負担的にも、養護型入院を勧められ、その詳細のアドバイスをもらいに行ったわけだ。
妹は逆に寝たきりになったら自宅で介護もできるから、と言うが、もう4,5年前から糖尿による認知から徘徊をしたりしていたので、それも叶わない。妹の願いは叶わない。

待機児童問題がニュースになって幾久しい。
安倍氏のわけのわからない政策「一億総活躍社会」そして「保育園落ちた日本死ね!!!」のネット書き込み。

本当に日本の進むべき道はそうなのだろうか?
そうじゃあないと僕は思う。
男が働き女が家を守る、なんていうのはくだらないイデオロギーだと思う。だけれど本来はどちらか一人の労働で、家族4,5人が生活できる。また、上記のように妹の望む高齢者家族を家で面倒見たいという家庭には、家で介護をするだけの保障があるのが理想じゃないのか。

子どもたちも幼稚園のように半日ほど社会になれるために集団生活はしても、その後家族と半日のんびり過ごす。家事の手伝いをする。その方が2,3歳から1日中他人に育てられるより僕はいいような気がする。

それを妨げているのは、やはり経済と社会保障なのだろう。
各政党もマスコミに流されて、待機児童ゼロを訴えるのではなく、少なくとも小学校に入るまでの子どもがいる家庭は、また我が家のように入院し切らなくても家では面倒見れないレベルの高齢者がいる家庭は、社会が保障できるシステムが必要だろう。それは、その大変な時期を過ぎたら堂々と元の会社に戻れるという担保も含めての問題だと思う。
調査があるかどうかは知らないが、「片親の給与で生活できるのなら、もう一人の親は家で子どもの面倒を見る」のと「一億総活躍社会だから共稼ぎをするために子どもを預けたい」のどちらに近いかを調査をすれば結果はなんとなく推測できる。

子どもを他人に預けてまでリッチな生活をしたいので共稼ぎをしたいというのならともかく、本当は子どもと一緒にいたいけれどやむを得ないから預けて働くのよ、と言う親御さんの方が僕は多いと思う。そうならば深刻な問題だ思う。貧しくても何とか生活できるのなら子どもと一緒にいてあげてほしい。

参院選がはじまる。神奈川選挙区も10余人の候補者がしのぎを削る。こんな本筋に少しでも近い考えの候補者がいればうれしいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター