新しく生まれる

2016年5月29日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 3章1-15節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)

さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。
ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」
イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」
イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」
するとニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言った。
イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。



「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」ということわざがあります。転じて、小鳥は大きな鳥の考えていることがわからない、と言う意味ですが、今日の聖書の箇所はまさにそんな感じです。

聖書が書かれて約2000年。その間多くの牧会者や聖書学者が御言葉の一つ一つを講解してくれたおかげで僕らは御言葉の一つ一つをとてもよく理解出来るようになりました。が、ニコデモの時代は科学・哲学全てが今よりスキルが低いですし、ユダヤ教の教え一筋でしたし、イエスの言葉の意図を理解できなくても当然だったのかもしれません。

ニコデモは夜陰に乗じてやってきました。それは自分の立場があったからでしょう。見つかりたくないという思いがあったからでしょう。でも、夜陰に乗じてやってくるのは、悪事の相談であったり、「泥棒」であったり、「魔」であったり、よからぬ事の方が多いです。聖書も光の中を歩め、と言っているように、夜やってくることに良いことはありません。きっとニコデモの心のうちも、「類は友を呼ぶ」で闇だったのでしょう。だから藁をもつかむ気持ちで光を捜しに来たのかもしれません。暗闇に飲み込まれてしまいそうな不安からの脱却、イエスと言う光を見出してやってきたのでしょう。
大きさの差はあるかもしれませんが、私たちも心の中が光あふれ闇がない人はいません。誰もが、闇を持ち、その闇から解放したく光を求めます。
ニコデモの出会ったイエスは今で言えば教会です。いや、教会でなくてはならないのです。教会がイエスのみあとを歩むのなら、教会はそうでなければなりません。

ニコデモにイエスは「新しく」と言います。しかし、原語で言うと「上からの」と言う意味もあるようです。今までの生活から「新しく」やり直す、としても、その「新しさ」が正しいものでなければやり直すことにはなりません。正しいやり直しは、この世の真理に従わなくてはならないのでしょう。時によって正しくなったり間違えと言われたりすることは真理ではありません。
真理を司るのは、人が完全な人がいないのなら人智を超えたものでなくては駄目でしょう。

ニコデモは単に肉体が生まれ変わることしか考え付きませんでした。しかし、イエスが言おうとしたのは、人は神によって生み出され神の元に帰る、ということだったのでしょう。神に従い生きること、これこそが生まれ変わることです。そして聖霊は風のように目に見えなくてもそばにいることを感じろ、と言います。

「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」と記しました。しかし、燕雀だったニコデモはイエスの教えを理解するようになったようです。
ニコデモはこの後イエスに従います。そして外伝のニコデモによる福音書というものも存在するそうです。
闇から光へ変貌した、つまり「生まれ変わった」ニコデモの福音書というものも読んでみたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター