5月26日のパトビラ(№929 - 食中毒に気をつけよう -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

日中は夏のような暑さになってきました。こうなる時をつけなければならないのが食中毒です。
よく匂いを嗅いで「腐った匂いがしていないから大丈夫だ」と言う言い方をしますが、これは大きな間違いです。たんぱく質などを分解する腐敗菌が働くと、強烈な腐敗臭がして傷んだことがわかりますが、食中毒は匂いや味の変化をさせないものがほとんどです。ですから、匂いを嗅いでもわからないし、ちょっとだけ食べてみても味の変化もありません。
鶏を始めとする生肉に潜むカンピロバクターや糞尿に触れる小動物や昆虫を媒体にするサルモネラ、といったものは食べ物を十分に加熱することで比較的被害を食い止められますので、中まで充分に火を通してから食べてください
黄色ブドウ球菌やウェルシュやボツリヌス菌は熱にも強いので過熱したから安全だということもありませんし、黄色ブドウ球菌やウェルシュ菌による食中毒は例年ベスト3になるほど発症率は高いです。こちらは、手洗いの徹底しかありません。そして通常は24時間内に腹痛などを起こします、ひどい腹痛を起こしたらすぐに医者に行ってください。


知識として持ち合わせていないと、クンクンと匂いを嗅いで「大丈夫、傷んでいない」と判断をしますが、腐敗と食中毒は全く別物です。このBlogをご覧の方も家庭内でもお気をつけあれ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター