ブラサイジョーものがたり(episodeΩ 開城前夜)

まずはこちらをクリックしてください

城作りは時代とともに、そして城主とともに変革をする。
戦国の世はたいそう立派な天守閣は必要とせず、どちらかと言えばバリケードの要素の高い戦の物。それが天下統一を成し遂げるときに戦わう気持ちを萎えさせる威圧する道具として巨大な天守閣を作ったのが織田信長である。
しかし伊勢宗瑞こと早雲は今川家に居る時以来、常々何のための戦いかを疑問をもっていた。何のための領地拡大かを考えていた。
その結果が、農民の保護も目的とした小田原城の総構である。しかし、小田原城だけではない、例えば鎌倉玉縄城も同様に牛馬を連れた農民が避難できるような構造だった。
虫けらのように扱われた農奴の時代、人格をもった『人』として扱った北条家。
生活の保障はなく税を納めるだけの対象であった農民。それ故に、戦いになれば収穫間近の田畑であってもその上で合戦が行われる。そして踏み荒らされても、国主からの納税の通達がある。権利と義務のバランスが常識と大きく食い違う生活は、「民」の姿ではなく「奴隷」そのものである。国主が守ってくれる、という歴史が語る言葉は全くの戯言に過ぎない。
だから農民であっても武器をもっている。刀はもちろん、なければ竹やりででも身を守らなければならない時は戦う。
秀吉による身分制度の確立前はそれが当然であった。
しかし、この住民を大切にする領主は民から愛された。それは、この後、北条家が潰され、この地の民が徳川の配下となった時、如実に表れる。
江戸の町は北条の民が作った。しかし北条恋し、小田原恋しの民を、滅ぼした側の家康が使いこなすのは大変苦労したという。小田原の町民を団結させないように、江戸のあちこちに移り住まわせ彼らの結束力を削いだ。


20160503-52
20160503-51

20160503-53
(蛙石の伝説に限らず、災害の前に警告を与えてくれる伝説は各地にある。「赤目地蔵」という昔話は大好きな話だ。神が啓示した予言ではなくいたずらだからと馬鹿にする住民。しかし、いたずらをさせること自身が神によるものである。という話だろう。でも、自然なら逃げ出すことも可能だ、しかし戦争からは逃げられない。北條は五代にわたり、誰もが平和に暮らせる世を求めた。それが叶わぬことに蛙石は泣いたのだろう)


何の鳴き声だ?蛙か?しかし不気味に大きい声じゃのぉ。
不吉な鳴き声…、海が荒れるのか?大津波でも来るのか?
古新宿の漁師たちは暗くなってきた海を見つめながら口々にそう言いあう。
しかし沖の脇坂や九鬼の船は微動だにせず灯りをともし停泊している。海が荒れてあいつらの船がみんな沈めばいいのにのぉ、無理であることを承知でぽつりとつぶやく。
もう3月か…あいつらがいるから漁にもでられねぇ、食い物も底をついて久しいなぁ。いくら氏直さまが配給の粟をくれると言ってもひもじいよなぁ。
いつしか話題は不気味な鳴き声から沖に停泊している水軍への恨み節に代わっていく。
なぁ、そういえば原方は家康さまによって大きな被害を受けたらしいが、それ以来誰も攻めてこないなぁ、もう戦いは終わりなのかなぁ?
そんな話をしていると一番大きな船を持つ網元で働いている太兵衛が、慌てて浜に来た。「おい、しっとるか?あの不気味な声はお稲荷様の蛙石じゃ」「わしこの耳で聞いてきた。」
蛙石ってあの蛙石か!
互いに顔を合わせ刹那に走りはじめる。
蛙石が鳴く時大きな異変があるというのはこの村に住む者の間では常識であった。
多くの村の若者が乏しい松明のもと北条稲荷を囲む。その中で蛙石は不気味に泣き続けた。小田原城落城の前夜の事であった。

****
長いことお読みくださりありがとうございます。あくまでも創作の域を出ておりません。史実に基づく話は15日のブラサイジョーでお楽しみください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター