ブラサイジョーものがたり(episode1 謀略)

まずはこちらをクリックして下い

20160502-11


「『名胡桃城の鈴木重則を偽の書簡で城から出しておいてその間にのっとれ』と言う偽の書簡を出すのです。なに猪俣ごときの目をごまかす能筆家なんぞごまんとおりますわい。」
果たして氏政の偽の花押と気づかず猪俣邦憲は秀吉の思惑通り名胡桃城を攻め落とし、そして今日こうして小田原城は20万もの軍勢に囲まれることになった。小田原城総構えの周囲は20km弱。そこに20万の大軍であるから1kmあたり1万人…立って半畳寝て一畳と言う言葉があるが、1人のスペースを1㎡と仮定しても奥行きが10mにもならなければならない、いや旗印や武具などの保管場所も飯を炊き食べる場所も含めれば奥行きは数十mにも及んでびっしりの兵がいるのであろう、そんな数の武士が興奮気味に小田原城を睨みつけている計算だ。夜になればこうこうと燃ゆる松明の帯が、逆に籠城の兵を出向けなくする巨大なオレンジ色の濠のように城を囲んでいる。それは戦国の世でもまれにみる兵力で、さすがの氏政も四方を見まわしながら天守でほぞをかむしかない。

20160502-12

20160502-13
(小田原城と二宮神社の間の濠。小峰橋(お茶坪橋)の濠の延長で昔は水が張っていたのかも)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター