5月5日のパトビラ(№926 - ゴールデンウィークです -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。


陽気は不順とは言えどもゴールデンウィークを迎え、春の暖かさを実感しています。過酷な冬を犠牲者なしで乗り越えられたことに安堵をしております。と同時に暖かくなると町中や河川、海には多くの観光客が出てきて、ともすれば諍いも起きやすくなります。
僕らは皆さんとお交わりをしておりますので、皆さんに「トラブルを起こさないように」とは言いません。でも、野宿を余儀なくされていると得てしてトラブルに巻き込まれてしまいます。子どもたちだけではなく、大のおとなまでもが、蔑視し威圧的に自分たちの主張で権利を押し付けてきます。野宿を余儀なくしている人の権利を踏みにじる発言をします。
言われもない差別を受ければ立ち向かいたくなるのは人情です。が、多勢に無勢の中喧嘩になれば怪我をする可能性もあります。『君子危うきに近寄らず』と言うことわざもありますし、『負けるが勝ち』と言う格言もあります。
相手にしないことをぜひとも心がけてください。そして、あった出来事は出来れば僕らに教えてください。改善ができるかどうかはわかりませんが精いっぱい努力します。


釣り、子どもたちの余暇時間、そして酔っ払い。それ以外にも普通に暮らす街の人でさえ、差別的な目で見て、人間として尊重することなく排他をしようとします。
何ゆえにそんな冷徹に暴力的な視線をするのか? 「働いていない」「怖い」「汚い」…いやいやどれだけ自分が正しく、目の前の人と違う人間だと上から目線で見ているのか、と悲しくなります。
でも、それが日本の社会に蔓延しているんですよね。だから警察も動きが鈍い。
そうなると出来ることはただ一つ。やはりそういったシチュエーションに出会わないように推察することです。
変えていかなければならない、事は確かです。がパッと変わるものではない…。
悲しいけれどやむを得ない日本の社会の側面です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター