熊本でのリレーフォーライフ

リレーフォーライフと言うイベントは使命として3つのテーマを掲げています。
1つは、セレブレート(祝う)。つまり病になりながらも今日の日を与えられたことを互いに祝いあうこと。
2つ目は、リメンバー(偲ぶ)。先に天に召された先輩や同志である仲間を偲ぶこと。
3つ目は、ファイトバック(立ち向かう)。寛解と言う言葉あっても自身の体もがんとの闘いを続けているし、同時に隣人も同様です。最善を尽くす、ためには、予防・検診、そして医学の発展を目指す社会づくりに貢献すること。

熊本で大きな災害がありました、改めて心からお見舞いを申し上げます。
と同時に、こう見ると、実は被災と言う事とがんになったという事で、しなければならないこと(使命)は類似しているな、と。
生死まさに紙一重の中、ご存命の方には命が救われたことをセレブレートするし、不運にも命を落とされた人には、追悼の意を表明します。
そして、多くの被害の中から立ち上がり、再建へと立ち向かってほしい、と言うファイトバックには、僕ら外部の人間も精いっぱい協力したいです。

あなたの命が残されたのは、あなたしかできない使命が残っていることなのでしょう。生かされていることに感謝。そしてそうした方々と僕らは力を合わせて明日を築きたいです。
リレーフォーライフはシンボルカラーがあります。それは夜明けの紫。どんな暗い闇夜でも明けない夜はない。そしてその明けの色が紫です。希望の色です。

20160422-01

道に紫のオダマキが咲いていました。
紫のオダマキの花言葉は「勝利への決意」です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター