神の栄光を

2016年4月17日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 21章15-25節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。
今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)

食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。
三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。

ペトロが振り向くと、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのが見えた。この弟子は、あの夕食のとき、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、裏切るのはだれですか」と言った人である。ペトロは彼を見て、「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と言った。
イエスは言われた。「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい。」それで、この弟子は死なないといううわさが兄弟たちの間に広まった。しかし、イエスは、彼は死なないと言われたのではない。ただ、「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか」と言われたのである。これらのことについて証しをし、それを書いたのは、この弟子である。わたしたちは、彼の証しが真実であることを知っている。イエスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。わたしは思う。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう。



2つのパート、それぞれ一つの説教になるような濃い話ですが、実はこの21章は後世の方が書いたと言われています。
聖書と自分のBlogを同一視するのもいかがなものかと思いますが、書いてUPした後、どうもこの文章では誤解を与えそうだ、とか、追記した方がいいだろうと思うことは多々あります。たぶんヨハネによる福音書を読み語ったどなたかもそう思って書いたことでしょう。

前半のパート。語られる中田牧師はわかり易い喩で語ります。今も重要なこと、例えばパソコンのパスワード入力などは入力後再入力をします。が、3度目はさすがにありません。いくら大事なことでも「しつこい」と言われてしまうでしょう。
また、相手の話をきちんと聞いていないとうろ覚えとなって、何度も聞き直して「しつこい」と言われてしまします。
が、イエスは、この後ペテロを待ち構える今後を確かめるためにも何度も言ったのでしょう。
『あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。』当時のことわざのようですが、この後望むと望まざると問わず伝道の人生を歩むことが定められる、それを受け止められるか? 出来るかを何度も確認したのでしょう。

そして後半。同時にペテロは、残りの弟子たちの生き様が気になったしょうがないのでしょう。「人は人、自分は自分」というイエスの言葉に聞き従いながらも、やはり他人が気になるのでしょう。
そしてそれは後世の人も同じではないでしょうか? このある弟子とはゼベダイの子ヨハネであると思われます。というのは残り11弟子は皆殉教の死を遂げています。
つまりはこのイエスが言った言葉に尾ひれ背びれがついて、死なないと思われることは間違いであることを伝えなければならない、ことでしょう。つまりは最初に記したように、追記をしなければならない事象が起こった訳です。
逆に言うとこのことでこの追記文章はペテロの殉教死の後ヨハネも流刑地で死んだことを知っているわけです。

でも、そうした理屈話を言うためにこれが書かれたわけではありません。イエスはそんなことはどうでもいいのです。自分に与えられたことを貫徹しろ、という僕らへのメッセージではないでしょうか?
12弟子が殉職したからそれが美談である訳でないのは、一人一人に与えられたミッションはそれぞれ違います。
そしてそんな心もとないペテロを主イエスは教会の基としてお建てになった、そこに不完全なあなたでも、そのままでいい、私のあとを歩みなさいといわれるのです。周囲を気にせず歩みたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター