農業県を支援する

地震は、地域の特産品にも大きな被害をもたらしている。
 「ASOMILK(アソミルク)」のブランド名で低温殺菌牛乳を製造・出荷している熊本県阿蘇市三久保の阿部牧場では、未明に「本震」が起きた16日から、1日約6トンの生乳を搾っては捨てた。断水で、生乳を集めるパイプや製造装置などを洗う水が確保できないためだ。停電で搾乳機も使えないが、毎日搾乳しないと乳牛は乳房炎を起こすので、自家発電機を使い搾乳を続けている。阿部寛樹社長(39)は「ミルクは一滴も捨てたくないが、泣く泣く廃棄している。電源の燃料確保など不安もある」と話す。
 県畜産課によると、県内の酪農家は2015年2月現在、631戸。飼養頭数約4万5千頭は北海道、栃木に次ぎ全国3位。生乳生産量(14年度)は24万7千トンで、西日本1位だ。
 生乳は通常、酪農家から専門業者が乳業工場に運び、牛乳や乳製品になって消費者に渡る。だが、阿蘇地方では道路が通れなくなったり、ガソリンが不足したりしていて、酪農家から生乳を集められない状況だという。
 生乳は専用のクーラーで温度を1度に保つ必要があるが、県内にある4乳業工場も被災して一時、操業を停止。県酪農業協同組合連合会は、自分で貯蔵できない分は自主廃棄するよう16日付で要請した。担当者は「未曽有の事態を受けた苦渋の選択だった」と話す。
 17日から一部で生乳の集荷を再開したが、道路の寸断や停電は続いている。県畜産課は「乳業工場が稼働したとしても、生乳を集めるためのインフラを整えるのにはかなり時間がかかりそうだ」としている。

. 朝日新聞デジタル 4月18日(月)7時0分配信

まずは熊本・大分の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

むかしTVドラマで『同情するなら金をくれ』というフレーズが流行りました。
3・11の岩手、宮城、福島、茨城の各県もそうですが、今回の熊本も農業県です。
産業としての農業は、壊れた工場を立て直せば元のように稼働するものではなく、休止すればするほど土が荒廃し、動物が弱り、元に戻るのが難しくなる仕事でしょう。
多くの募金をいろいろな方が取りまとめてくれていますが、こと被災農家に関しては一時金よりは「買って支援」のほうが喜ばれるかな、と思います。しかも少量でいいから細く長くです。
まさに「支援をするなら買ってくれ」と言う観でしょうか。

高度成長を遂げた今の日本は、生きる必要最低限以外の多くの事にお金も時間も割きます。が、食と言う土台がなければそれすら叶いません。
農業を守ることは、明日の僕らの生活を守ることです。
3・11以降の東北の各地、そして今回の熊本。食べての支援で農家を守って行ければと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター