見ないで信じる者

2016年4月3日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 20章19-31節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。
今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」

十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」
さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」
トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」

このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。



21世紀に生きる僕たちは、発達した科学の中にいるから「イエスの復活」つまり死からの甦りを信じていないのか? と言われれば、そうではなく、聖書の中でもイエスの復活についての嘲りを受けたことが書かれています。もし、信者を増やすこと、教勢の拡大を狙うのなら、「イエスの復活」の記載は返って「眉唾物」と敬遠されるでしょう。他の宗教も甦ったという教祖は居ません。聖書に出てくる預言者のモーセなども天に引き上げられた、と書かれていますが、甦って人々の前に現れた表記はないです。ブッダもムハンマドも死を受け入れています。
ではなぜ荒唐無稽とも思われる「イエスの復活」を書いているかと言えば、やはり「あった」からではないでしょうか?
肉体が本当に戻ることはなかったと思いますが、20人近くの人がそう思って信じ込む、それだけの「何か」が複数回あったことは間違いはないと思います。
見たからとか、立証されたから、なら、それは「信じる」ことではなく、単なる確認でしょう。見ていない、立証されていない、だから「信じる」のです。そんな大きな出来事があったからこそ、世の常識から外れたようなことを「信じた」のだと思います。

トマスは「信じる」のではなく「確認」したかったのでしょう。自分を「信じている」から、その「信じている」ものを覆さなければ「信じる」には及ばない訳で、感覚的に受け入れられないから仲間が必死に訴えても同調できなかったのでしょう。その姿は多くのノンクリスチャンの方と同じだと思います。

絶望・不安や怯えによって戸を閉めていた弟子たち。物理的・精神的な絶望・不安や怯えと同時に心も閉ざされていたように読める記載。イエスの愛はそうした物理的精神的な不安や怯えとともに頑なな心も解放してくれたのです。荒唐無稽にも思える「イエスの復活」は、そんな荒唐無稽を上回る喜びだったのではないでしょうか?
それは現在においても、「If(イフ:もしも)」を求めて愛する人の甦りをテーマとした映画やドラマ、小説などが後を絶ちません。例えば僕が知っている中でも大林信彦監督の「あした」とかが有名ですよね。つまり「イエスの甦り」を圧倒的に多くの人が信じたいと望んでいるんだと思います。念ずれば通ず、と言う格言もあります。

疑うトマス。仲間に対して言葉激しく否定をします。それでも翌の日曜日には友である弟子たちはトマスを受け入れます。絶望・不安や怯えの弟子たちを愛をもって受け入れその不安や怯えを開放したイエス。この週は、イエスだけではなく残りの弟子たちも愛をもってトマスに接したのでしょう。
この時イエスは「見る」「立証する」対象から、「愛し」「御後を追いかける」存在になったのではないでしょうか?イエスをどう言う存在と感ずるのか?が本当のイエスの復活のような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター