4月21日のパトビラ(№924 - 派遣と国民 -)

思うところがあって、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、3回分まとめて作成しました。

アメリカでも大統領選挙が行われます。民主党のサンダース候補者と共和党のトランプ候補者の両極端な主張が支持されています。が、政策は違えども主張はほぼ同じで、生活弱者の生活向上です。それ故アメリカの多くの生活困難者は選挙戦に注視しています。
日本も国政選挙がこの夏に行われます。が、安倍氏の消費税増税に対して、民進党岡田氏も消費税10%はやむなし、と発言しました。憲法の改憲と言う一部権力者に逆らえなくする問題、5兆円を超える軍事費の問題など他にも論点はたくさんありますが、明日の生活と言う、つまりは今日どうやって生きるか? に不安を抱くものに対しては、生活こそ政治であって、その政策に差異がなければ誰だっていいや、と言う気持ちになってしまうのはわからなくもありません。
でも、変わらないよ、と投げやりになって捨ててしまったらそこで終わりです。だから派遣業などが大手をふるう結果になりました。やりたい放題にさせたのは政治を人任せにしてきた「つけ」です。やはりまず自分たちが政治にしっかり目を向けることが大切でしょう。


政治とは生活そのもの。つまりは政治なんて難しいから誰かに任せておけばいい、と言うのは、そのまま家計簿つけるのはめんどくさいからお金の管理なんかやめよう、とか、育児はかったるいから放棄しよう、と同じことなのでしょう。
めんどくさくてもやらなくてはならないことをしなかった結果、庶民の生活を考えない高給取りの親から生まれた政治家が圧倒的に多くなり世の中を支配しています。
時たまそうでない方が国会に挑んでも、結局はその困難さから長いものには巻かれろ、と初心を失って行っているように思います。
3回にわたって生活困窮者の方のハードルになっている派遣に関する話を書きました。夏の選挙が近づいています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター