3月31日のパトビラ(№922 - 東日本大震災から5年 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。


東京電力は、来月から大半の場所で防護服も手袋も着けずに作業できるよう段階的に運用を見直す方針を固めたことが分かりました。これまでの対策で、敷地内の放射線量が大幅に下がったためで、廃炉現場で働く作業員の負担軽減を図りたい考えです。(NHK「かぶん」Blog 2月25日記載より)。対して、福島第1原発を同時期に数時間視察に訪れた丸川環境相は、全身を完全防御の防護服を着ていました。
不思議な感じがします。もし、東電の言うとおり、8時間労働しても人体に影響がない場所への視察なら、そんなに完全防備をしなくてもいいことで、そうだとしたら環境相がテレビに映ることで『風評被害』を拡散していることになります。
もし、防護服が必要なら、今回の東電の作業運用は効率を優先し、従業員の健康と命を無視したものになります。
どちらが正しくても、故郷で頑張ろうとしている方か作業員化の生活は脅かされるわけです。
戦争中も大本営発表は嘘で固められ国民はその発表を受け命を落とした人も多かったです。今回も内閣あげて国民の命を粗末にしているようにしか見えません。


20160326-01

北朝鮮や中国指導者の政策について国民の命や尊厳を無視した非道な政治と批判を声高に唱える人がいます。僕もその意見には反対ではありませんが、実は安倍政権もキムさんやシュウさんに負けじ劣らずな政治を繰り広げています。
そしてその一番過激な労働条件のところに送り込まれるのは、得てしてこの国の中で一番の弱者です。原発が事故を起こす前からそれはずっと続いています。
さて、果たして防護服なしでの労働は健康に重大な影響があるかなしか…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター