志村! 後ろ。後ろ!

歴史(ヒストリー)は、Hi's Story だ、とは結婚式の披露宴のスピーチで式を授けてくださった牧師より頂いたメッセージの中の一言。He はもちろん神。
歴史とは神の物語。でも、神の台本は、あまり多くを記載していない。自由に演じられるものの、でも流れは決まっている、と言うのは、僕の信仰理解に近いものであります。

ヨハネによる福音書13章21節から30節
イエスはこう話し終えると、心を騒がせ、断言された。「はっきり言っておく。あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている。」
弟子たちは、だれについて言っておられるのか察しかねて、顔を見合わせた。
イエスのすぐ隣には、弟子たちの一人で、イエスの愛しておられた者が食事の席に着いていた。
シモン・ペトロはこの弟子に、だれについて言っておられるのかと尋ねるように合図した。
その弟子が、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、それはだれのことですか」と言うと、
イエスは、「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ」と答えられた。それから、パン切れを浸して取り、イスカリオテのシモンの子ユダにお与えになった。
ユダがパン切れを受け取ると、サタンが彼の中に入った。そこでイエスは、「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」と彼に言われた。
座に着いていた者はだれも、なぜユダにこう言われたのか分からなかった。
ある者は、ユダが金入れを預かっていたので、「祭りに必要な物を買いなさい」とか、貧しい人に何か施すようにと、イエスが言われたのだと思っていた。
ユダはパン切れを受け取ると、すぐ出て行った。夜であった。


2000年経った今、僕らが聖書を読むと台本と読めます。ユダは使命を与えれた「役」になりきり、神が作ったシナリオ全人類救済計画のきっかけとなる大役を演じます。
でも、それはそれでいい。問題は残り11人の弟子たちです。
「誰について語っているか」騒動になり、ガヤガヤ雑談の上で「誰の事ですか?」と尋ねらせたと書かれています。
それに対してイエスは、「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ」と答えられた。それから、パン切れを浸して取り、イスカリオテのシモンの子ユダにお与えになった。 と書いてあります。
ユダが裏切ることが明らかになったのです。
でも、他の弟子たちはユダの裏切りがなんだかわからなかった。もしかしたらお金をちょろまかすかどうか、程度に考えていたのでしょう。

僕らはユダの裏切りの内容を知っています。だから苦痛なのでしょう何故ユダを問い詰めなかったんだ。何故ユダを監禁してでも祭司長の所に行かせなかったんだ。
・・・でもそれは神の台本。自由な意思で演じれてもストーリーは変えられません。
ト書き≪ユダは仲間の弟子たちの横をすり抜け祭司長の所に行った≫ とあればそれを阻止することは不可能なのでしょう。僕らは、ユダを神のシナリオ通りに悪役を演じてくれて感謝すべき存在と評価しなくてはいけないのかもしれません。

昔よく見たドリフのコントを思い出します。
お化けがよく出るというところに来たドリフの5人。なぜか志村けんさんだけが1人になってしまうシチュエーション。
こわごわ舞台の中央を客席の方に向かって独り言をつぶやいている後ろをお化けが近づきます。
舞台のコントを見ている客席の子どもたちが一斉に「志村、後ろ。後ろ。」と叫びますが、志村けんさんが後ろを振り返る前にお化けは姿を隠します。
分かっていると歯ぎしりをするほど歯がゆいですが、分からなければなんてことない。2015年後世になって聖書を読む僕らが、残り11弟子に思う気持ちは、観客席の「志村、後ろ。後ろ。」なんでしょう。
関心は、イエスの磔刑の後、弟子たちはイエスを守れなかったことに後悔はなかったのか?イエスの言葉を理解できなかった自分を許せたか?です。後悔先に立たず、の心境です。浅はかだった自分への悲しみです。
でも、それは事の大小に関わらず、僕らもしてしまう事ですよね。言わなくてもいいことを言ってしまったり、相手への気遣いが足りずに傷つけてしまったり、無責任な行動が多くの人を悲しませたり・・・・。
ドリフの舞台では志村けんさんの後ろと言う空間的な側面、弟子たちや僕たちが犯す過ちは時間的な側面と言う違いはありますが、失敗に気が付くと悔やまれるものです。

あと6時間ほどで日没。当時の暦では24日(木)が終わります。その直前が最後の晩餐の出来事です。小田原教会は聖餐式のある礼拝を執行します。
イエスはこの後もゲッセマネで迫りくる死の苦しみの中祈ります。受難のクライマックスです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター