2016年3月11日 14時46分

5年経った。
変わったこと、変わらないこと、様々。

2015年9月11日飯舘村も豪雨に見舞われ、除染した際の汚染度が入ったフレコンバックが大量に川に流された。既に長い年月風雨や紫外線にさらされ、そして土壌の中にあった草の種でこのバックはボロボロになっていた。
この豪雨が降る前から風で飛散し、走り去るタイヤについて広い地域にばらまかれていたのだと思う。それが今度は河川を通じ下流の町々、そして太平洋と流れ出ていく。

3月8日発行のインターネットの女性自身の記事
汚染の実態を調べるため、本誌取材班は昨年末から、福島県内の小中学校周辺、約60か所の土壌をランダムに採取。土壌に含まれる放射性セシウム137を調査した。
結果は、約8割の場所で放射線管理区域の4万Bq(ベクレル)/平米をはるかに超える高い値が出た。放射線管理区域とは、放射線による障害を防止するために、法令で管理されているエリアのこと。
この法令によると、18歳未満は、放射線管理区域での就労も禁止。大人であっても10時間以上の就労は禁止、飲食も禁止という厳しい規定だ。福島県では5年経っても、そんな中で子供たちが普通に生活させられている。


A:実効線量(μSv)=C:空気中放射性物質濃度(Bq/cm3)×S:滞在時間係数((屋外滞在時間;8h+低減係数;1/4程度×屋内滞在時間;16h)/24h)× Ka:実効線量換算係数(μSv/Bq) ×Q:摂取量(cm3/日)×T:摂取期間;1日(原子力安全委員会の提言)
S:0.5
Ka:実効線量換算係数(μSv/Bq)=0.0074
Q:摂取量 15,000L=15 m3/日(成人の場合で、1回の呼吸量を0.5Lとし、1分間の呼吸数を15~20回と仮定)
(以上エネルギー工学研究所を参考)
とすれば、
40000÷100Bq/cm3×0.5×0.0074 ×15×1=22.2μ㏜/日=0.925μ㏜/h以上であると言われているわけです。

除染が進んで安全になった、でも、また上記のような拡散が進んでいるのか?
それとも何万年と言う半減期になるまではこの数字が続くのか?
は分からないが、この女性自身の報道を信じればそういう状態。

でも、町行く人たちはマスクすらしていないし、モニタリングポストは撤去され続けている現状。何か5年と言うキリがいい時間で終焉をさせたいという思惑を感じる。
安倍総理は、復興観光元年と言う。既に被災は終わった、復旧は終わった、これからはオリンピックや中国特需のように日本に来る多くの外国人に観光を通して物を売ってアベノミクスの失敗を取り戻そうではないか! と言わんがばかりの発言をした。
・・・僕らも海外旅行をする際には有名観光地にしか行かないもの。人口1000人の町にはツアーは組まれることもない。つまりは、安倍総理の考えでは、日本と言う国の復興のために、つまりは東京での販売力強化のために被災地には一肌脱いでもらおう、と言う訳だろう。

『普通』の人が偶然に大地震に見舞われた。東電や政府の不祥事で被災した。そうした中、困窮から這い出して『普通』の生活に戻ろうとあがいている最中。やるべき街づくりの協力もなしに、2年を遠に過ぎた違法な仮設住宅から転居できない中、安倍氏の頭の中には被災者の事はもはや消えているようにしか見えない。
一方東電は利益が減少したと電気利用料を上げた。が、この原発事故によって国民が負担した3兆4613億円対しては何も言及していない。ドラえもんのジャイアンの俺の物は俺のもの、お前の物も俺の物、ではないけれど、東電は利益は俺のもの、負債はあなたのもの、と言いたいのだろう。それに対して怒りのボルテージが上がっても、為政者というバッファー(緩衝剤)で怒りは伝わらない。結果、次々に原発再稼働につながっている。

前述のホットスポットの数字が独り歩きをして、安全なエリアの農産物が売れないという現実。
「意志を持った」伝言ゲームは、現場に対しての思惑のある東電や政府、そして学識経験者のデータと言う2次資料。それに各報道が色眼鏡で見て報告をする3次資料。

実際自分でなければ判断できないものが手あかがついて判断できないこともたくさんある。5年経って、変わったこと、変わらなかったこと。
それは被災地だけではなく、自分の心でもあるのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター