いまいち信用できない野党共闘

衆参同時選挙になるかもしれないともいわれている、ある意味日本の正念場のこの夏。
あれだけ大臣がスキル不足であっても安倍政権の支持率は落ちずにいる。こんな日本を導いている政府を何故支持できるかは不思議でならない。
それは野党が自民と対立できるスキルに至っていない、つまり国会と言う土俵・国民の声を聞き要望に応えるというフィールドにおいて、そんな自民より下だという考え方が広く広がり、その一翼は民主党政権の失敗にあったと思う。彼らの一番の失敗は、政治家主導の運営を強行にしようとして官僚排除をし、それに対して官僚がへそを曲げてしまった点。自民党のうまさは、じわりじわりと知らない間に蝕む怖さで気が付いた時は手も足も出なくなる、と言う方法。それを民主は出来ずに直球3球勝負で行き過ぎたこと。
もう一つは、どの政党も営利目的であること。与党になり、政権を取り大臣のポストを取得し、自分野党に利益が来るようにしたいのが目的であって、民主になってもそんなに生活は変わらないだろうと言うあきらめが国民にはある点。
だから野党連合には僕は期待はしていない。
それでも多くの方は、この夏に備えて必要だと説く。言わんとすることは分からなくはない、安倍氏自ら自分の政権の間に憲法改憲したいと公言しているので、それは阻止しなければならないからだ。

しかしどう考えても僕にはトランプゲームの「ナポレオン」にしか見えない。
このゲームは、自分が一番強いと思った人がナポレオン宣言をし、ナポレオンすら知りえない副官とともに他のメンバーから絵札を集めるゲーム。
右傾民主と維新の会は僕にはこのゲームの副官に見える。
よしんば、自民が敗退したとしよう。それでも右傾民主と維新のメンバーの多くは改憲賛成だ。つまり必要な採決の時、党を割っても自民と一緒に賛成に回る可能性があり、それは自民一党よりも、「他政党の方も賛成してくれた皆の望んだ改憲」と言う錦の御旗を掲げるだけになってしまうような危機感を感じる。

ナポレオンは既に宣言をしているから、他のメンバーはナポレオンには絵札を渡さないようにゲームを進めるだろう。でもその結果、副官に絵札が集まれば、すなわちゲームは負けてしまう。
野党連合には期待はしていないと記した。しかし本当のところは期待どころか危機感すら感じてしまう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター