無資格者への招き

2016年2月28日、小田原教会は創立129年の記念礼拝を持ちました。
例年、小田原教会にゆかりのある牧師をお呼びして記念礼拝を持ちます。今年は、一昨年島・東牧師が体調不良の時面倒を見ていただいたり、現中田・長井牧師の招聘に際して仲介の労をおって頂いた高柳富夫牧師にお願いいたしました。
この日小田原教会に与えられたみ言葉は、マルコによる福音書 10章13-16節。表記のタイトルの説教を高柳牧師より受けました。
今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。


650年ころにはシルクロードを通じて文化や宗教も行きかっていたということは容易に想像でき、中国で仏教を学んだ日本の僧侶たちも大いに影響を受けたことでしょう。
1100年代の後半に生まれた親鸞をはじめ、その師である法然もきっと一宗教として中国に渡っていたキリスト教に触れていろいろと考えることはあったでしょう。
「善人尚もて往生をとぐいわんや悪人をや」親鸞が認めた歎異抄の一節ですが、僕の目には聖書の一節のようにすら映ります。
善人だって極楽に行けるんだから、自分が罪深いと思って神に帰依する人は極楽に行けないことはない、とただただ神仏に帰依し念仏を唱えることを勧めた信仰理解はとてもよく解ります。その時代までの仏教にはそうした考えがなかったことから、僕は仏教の先進国・唐からの書物の中に聖書のそんな考えを見つけ感にいったのかと思っています。そうだとすれば当時の日本人の中で一番聖書を理解していた人かもしれません。

今日の聖書の箇所を間違って理解していませんか?と高柳牧師は問われます。
「子どものように」というのは、年と共に様々なしがらみや年の功が身に着き、いわゆる処世術というか、ピュアーでなくなる。天真爛漫でピュアーな子どものようでなければ天国に行かれないと思っているのならそれは違うと説きます。
それならばそうでない人は天の国に行けない人になってなってしまう、と言います。
そもそも、古代キリスト教の神学者で教父と呼ばれているアウグスティヌスは、自書の中で子どもはエゴイストだと語っています。その通り、僕らは子どものそうした一面は否定できず、おもちゃの独り占めをする子の親はわが子に2つ持っているから一つは○○ちゃんに貸してあげようね、と諭しながらも、怒りの表情で嫌とブンと首を横に振る姿を見かけることは少なくありません。

ではイエスは何を言わんとしたのか?が今日の説教でした。

そもそも当時のユダヤ教の考えでは、律法を守れるものが神の御心に叶うものという考えがあり、律法が守れない子どもたちは神の国に行けるものではないと考えられていました。だから『群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。』(マルコ10:1)という神学的な会話がなされる場所での子どもの存在は、邪魔だと思う弟子たちの思いは当時のユダヤ教の中では当たり前のことでした。だから弟子たちはそんなイエスの邪魔をしないようにと子どもたちを叱ったのです。
それに対してイエスは憤った、と書かれています。高柳牧師は、この言葉のもとは、烈火のごとく怒った、とか、激高ぶりという言葉をあてはめました。

それは神の国に行くという神様の御心は律法云々とか、その人がピュアーだとか、一切条件のないものだから、『資格』で区分けする行為に否を唱えたのでしょう。
私たちも、教会に足しげく通うから、とか、献金を多く献げているから、とか、教会内で立派な働きをするからとか、様々な『人間の目』での区別をして値踏みをします。
神様はそんなことをひと言も言っていないのに勝手に自分でそう決めて勝手に思い込みます。そして自分は駄目だとか、あの人は駄目だとか比較をします。

資格はいりません。そのままのあなたを愛してくれている、今年の流行で言えばとにかく明るい安村さんではありませんが『安心してください。(神の国へ)入れます!』です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター