食べ物をわけあって

2016年2月7日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ヨハネによる福音書 6章1-15節。表記のタイトルの説教を中田正道牧師より受けました。
今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


その後、イエスはガリラヤ湖、すなわちティベリアス湖の向こう岸に渡られた。大勢の群衆が後を追った。イエスが病人たちになさったしるしを見たからである。イエスは山に登り、弟子たちと一緒にそこにお座りになった。ユダヤ人の祭りである過越祭が近づいていた。
イエスは目を上げ、大勢の群衆が御自分の方へ来るのを見て、フィリポに、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と言われたが、こう言ったのはフィリポを試みるためであって、御自分では何をしようとしているか知っておられたのである。
フィリポは、「めいめいが少しずつ食べるためにも、二百デナリオン分のパンでは足りないでしょう」と答えた。弟子の一人で、シモン・ペトロの兄弟アンデレが、イエスに言った。「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」
イエスは、「人々を座らせなさい」と言われた。そこには草がたくさん生えていた。男たちはそこに座ったが、その数はおよそ五千人であった。さて、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。また、魚も同じようにして、欲しいだけ分け与えられた。人々が満腹したとき、イエスは弟子たちに、「少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい」と言われた。集めると、人々が五つの大麦パンを食べて、なお残ったパンの屑で、十二の籠がいっぱいになった。
そこで、人々はイエスのなさったしるしを見て、「まさにこの人こそ、世に来られる預言者である」と言った。イエスは、人々が来て、自分を王にするために連れて行こうとしているのを知り、ひとりでまた山に退かれた。



どなたか忘れてしまったけれどローマ教皇が、一番の奇跡は日本の禁教令300年の間信仰が保たれたこと、と言われたことに最初はよく解らなかったものの、冷静によくよく考えると死を覚悟しながら、また密告を恐れながらも信仰を10代もの長い間続けるということの難しさを考えた時、その凄さを奇跡と呼んだことに心から納得してしまいました。
科学を超越した、例えば死者の甦りとか、無くなった腕が生えてきたとかではないと思うのです。人が生きている中で人の力で想定外な大きなことを成し遂げたことを奇跡というのかな、と思うのです。

今日の聖書の箇所は共観福音書4つすべてにほぼ同じ内容で書かれている奇跡物語です。
5つのパンがむくむくと膨らんだり、ポコポコと分裂したわけではないことは、推測できます。そこにあるのは、弟子アンデレに向けた少年のひと言だったのでしょう。

大正製薬のパブロンという風邪薬のCM。お母さんの風邪ぎみを察した小さな娘子。何か母親に役立つようにとする姿に、お母さんはホッコリと元気をもらいます。そして家に帰って薬を飲むね、と約束します。
小さな女の子に風邪を治す力はないと大人は理解しています。しかしその優しさ思いやりが呼び水となって元気にならなくっちゃと力がわき出るものです。

周囲53kmのガリラヤ湖。向こう岸というのですから10km程は離れていたのかと勝手な推測を立てて考えてみます。すると往復で20km、1時間ほど話を聞いたら半日は優に経ってしまうでしょう。ですから出発前には空腹になった時ようの食料を持っていくのではないでしょうか?
しかし、民衆故然程裕福な人はおらず、その食べ物はきっと貧しかったのではないでしょうか?もしかしたら途中で空腹に耐えかねてかじりかけのパンだったかもしれません。
イエスが食事の時間だからここで食べよう、と言った時に、自らの懐からその貧しい食料をぱっと出せる人はいなかったのかもしれません。またもしかしたらこんなに多くの人がいるのに一人分程度の食べ物しかないので「食べ物があります」と声を上げる勇気がなかったかもしれません。
いずれにしろ誰もが黙って、早く食事がしたいという思いを抱きながら、誰かがこの重苦しい沈黙を打破してくれることだけを待っていたはずです。
そこに一人の少年の言葉。「ぼく、5個のパンと干し魚2匹持っています。」
それは周囲の大人の人よりも貧しく少ないものだったかもしれませんが、その言葉で呪縛が解けました。
その程度のモノなら俺も持っている、と、みんなが出して分かち合った、というのが今日の奇跡でしょう。

教会の中でも、また外のいろいろなグループでも聞こえるのは、「私なんて」という言葉です。
僕も「ぼくなんて」と思っています。今までいろいろなグループ内でおいても経験値も高くないですし、出来ないことの方が多いです。先輩たちのアドバイスを頂きながらその真似をしようと必死になっています。それでも満足に一つのことをこなせる自信はないです。
がんでもいいじゃん♪というグループで,RFLに参加しようと僭越ながら取りまとめする時も自嘲の意味を込めて旅行会社「Takeトラブル・サービス」と名乗っています。トラベルなんぞ畏れ多く、そしてできないことが多いのでトラブルなんです(笑)
それは今日の箇所で言えば、少年の無邪気な行為です。僕より有能な取りまとめができる人はいっぱいいても出すのを憚っていられるのなら、人より粗末な食事でもピエロのように場を変えれるのなら、出すことで次のステージに勧めることができれば素晴らしいと思ってのことです。

湖のほとりで大人たちは少量の粗末な食事でも恥じることなく提供する少年の姿に自らも持てる力を発揮しました。自分の力は小さく貧しいと恥ずかしがっていたらそれは0(ゼロ)にしかなりません。「私なんて」ではなく「私はこれだけのことはできる」というアクティブな生き方に変革できればと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター