それでもフレンドリーな人多いよね

mixiを始めた時、星新一氏のナンバークラブと言うショートショートに似ている画期的な場所だと思いました。
同話は、ナンバークラブと言う会員制のバーは、自分のプロフや興味・半生などを入力したカードを差し込むと同席の仲間と共通項をコンピュータが探しだし、初めての人とも会話のきっかけがあるおかげで会話が弾むという内容。
プライバシーと言う側面では賛否両論あるかもしれませんが、人見知りの僕には画期的な提案。
特に「こだわり」の趣味は同胞の存在は嬉しいもので、その趣味がメジャーではなく時々しかすれ違えなければすれ違った感激はひとしお。

昨日は川越の友人宅へとあるミッション遂行に伺い、ご夫妻の心地よいおもてなしにすっかりくつろぐものの、翌日からは仕事。お昼にお暇しましたが、まだ頭の中はくつろぎモード。
国道254号線から16号線に行くために右側車線を走行しなければならないものの、そのまま左を走って乗りそびれてしまいました。
こうなると地の利のない僕はナビ任せ。
南古谷の駅を通って県道335号線、そして県道56号線の上福岡駅の横を通過して狭山・八王子に抜けろ、との指示に従います。
日曜日のお昼だから、それとも日曜日のお昼なのに、どちらかはわかりませんが56号線は渋滞。そして上福岡の駅横で4本の電車の通過を待つことになります。

と、トントントン。運転席のガラスをたたく音。
見れば、ピンクのエプロンをかけ、マスクをしたおねーさん。こんなところに知り合いはいないと思いながら窓を開けると「私もグローバルのKINGに乗っているの」とのこと。
そうなんです。キャンピングカーの台数も少ないながら、グローバルは既に会社がつぶれてしまい製造されていない車。そんな同じ車に出会えたと、わざわざご挨拶に来てくれました。

同じ趣味仲間との出会いは嬉しいですが、それでも挨拶をしにわざわざお越しくださる方は非常にまれです。キャンピングカー乗りにはそんなフレンドリーな人が多いのかもしれません。

お名前(ハンドル)すら聞きそびれましたが、ご挨拶とてもうれしかったです(^^)/
一期一会、そう会う事がないかもしれない方の道中の安全を祈ってくれる、出会いからそんな優しさを頂きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター