「オリーブオイルはヘルシー」は大嘘!「本物」をうたった粗悪品が蔓延

と言うタイトルで下記のトピックス。

(前略)
次に問題なのは品質偽装です。
エクストラヴァージンオリーブオイル(EXVオリーブオイル)は、オリーブの実を絞った汁から不純物を取り除いた、いわばオリーブ100%ジュースで、オレイン酸のほかビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでいます。ところが、世界中でEXVオリーブオイルの偽物が蔓延しています。
化学的に精製されたオリーブオイルをブレンドしたものはまだ良いほうで、なかには大豆油や菜種油にEXVオリーブオイルを少し混ぜただけの粗悪品もEXVオリーブオイルとして流通し、イタリアンマフィアの資金源になるなど問題となっています。
今月10日にも、イタリア国内の食品メーカーが、普通のオリーブオイルをEXVオリーブオイルと偽って販売した疑いがあるとして、イタリアの捜査当局が約10社を捜査していると報じられました。
日本も例外ではありません。日本にはオリーブオイルの品質に関する法的規制がないため、スーパーマーケットなどで売られるEXVオリーブオイルの8~9割は化学処理された安いオイルをブレンドした偽物といわれています。

●日本人は偽物のEXVオリーブオイルが大好き
日本で偽物が横行するのは、法的規制がないことだけが理由ではありません。それは、日本人の舌では本物のEXVオリーブオイルをおいしいと感じないのです。
去年1月に放送された生活情報番組『所さんの目がテン!』(日本テレビ系)で面白い実験が行われました。日本人とイタリア人各10人に、次の3種のオリーブオイルを名前を伏せて試食させ、一番おいしいと思うものを選ばせたのです。
A:普及品エクストラヴァージン(約700円)
B:ピュアオリーブオイル(約450円)
C:高級品エクストラヴァージン(約4400円)
その結果、10人の日本人のうち、Aを選んだのが6人、Bが4人でした。一方、イタリア人は全員がCを選びました。日本人はひとりもCの最高級EXVオリーブオイルを選ばなかったのです。
本物のEXVオリーブオイルには抗酸化物質のポリフェノールなどが含まれており、これが苦味や辛味といった本物独特の味と風味を醸し出します。この有効成分の味のクセが日本人には合わなかったのです。日本人にとっておいしいオリーブオイルとは、化学処理して有効成分がないもので、“食べてはいけない偽物”だったのです。
そもそも、EXVオリーブオイルに「普及品」「ピュア」などと冠がつくのもおかしな話ですが、日本人の好きな偽物は、品質の違いだけでなく値段も格安です。実験に使われたオイルの価格差でもわかる通り、本物はとても高価で気軽に買えるものではありません。街のイタリアンやスパニッシュの店でふんだんに使われているEXVオリーブオイルも、ほとんどが偽物です。高価な本物を使っていたら店は潰れてしまいます。
オリーブオイルに関する結論としては、以下のとおりです。

・EXVオリーブオイルには、一般にいわれているほどの健康効果はない。
・日本人がおいしいと思うのは偽物EXVオリーブオイルで、食べてはいけない。
・本物のEXVオリーブオイルを楽しむには、本物と偽物を見分ける知識と味覚を持ち、かつ高価な味を楽しめる経済的な余裕が必要。

 健康に良いと思いながら使っているオリーブオイルは、かえって体に害をもたらす可能性すらあるのです。

(文=林裕之/植物油研究家、林葉子/知食料理研究家)Business Journal / 2015年11月12日 6時0分

最近、僕の中ではオリーブ・ブーム
で、文章を読んでタイトルは「悪意」と言うか、読み手の関心を得るために大げさに感じます。
が昨日の梅丸広場での講演会で長友姫世氏が語られていたのですが、日本はオリーブオイル輸入世界第4位の国家。それなのにオリーブオイルの頻出を管理する法体系がない。そこで悪質なオリーブオイルも出回っている。
じゃあどうやって見つけるの?と言う問いには、法が守らなければ自分の知識で守るべき、とにかく学ぶこと・知識を得ることは大事。と言う内容を聞いて納得。
そしてそれは上記林裕之氏・林葉子氏のトピの中でも共有できます。
まずは、所さんの目がテン内での実験結果。僕も梅丸会場で試飲しましたが、エクストラバージンの渋苦さのあとのディフェット(欠陥)オイルにもさほど否定的でなかったです(笑)
そして文末の「おしゃれ」でオリーブオイルを楽しむには本物は高価であること。でも、今後海洋資源の枯渇になった場合、青魚が手軽に口に入らなくなる可能性は低からずあります。そうした時オリーブオイルは有効な健康油であることも確かな事実です。

法の整備と個々のティスティング力のUPの上で健康のためにもオリーブを楽しみたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター