11月5日のパトビラ(№904 - 神奈川県が考えている居宅支援 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

「神奈川県ホームレスの自立の支援等に関する計画」5年計画が平成26年3月に満了したため、今年は様々な支援策が消えてしまいました。しかし、世の中は好転しているわけではなく、~平成30年までの新5か年計画が出ています。
その、2重点方策 (4)安定した居住場所の確保 という項目があり、あんしん賃貸支援事業や県営住宅への入居支援などが書かれていました。
過去に小田原市の担当者に満室になっていない小田原市営住宅への入居の依頼をしましたが、なかなか難しいとのことでした。しかし、こうした新5か年計画に、県営住宅への入居の検討をしていることで、好転するかもしれません。
あわせて無料低額宿泊所に対しては、運営状況等の把握に基づく適切な運営の指導を行うとともに、自立に向けて熱心に取組みを図っている施設との連携を図ります。
とも記載があります。ピンキリの無低宿泊所ですが、熱心な指導によってNPOとして野宿の方への支援になってくれればありがたいものです。
寒くなる前に居宅設定ができればいいですね。私たちもお手伝いします。


無低にもいいところ悪いところがあるかもしれませんが、前提として僕らがお会いした多くの野宿を余儀なくされている方は、集団生活が苦手です。アパートには入りたいけれど無低はNG、という方も少なからずいます。
それは贅沢、というのはお門違いで、だから死ぬほど寒くても、固いコンクリの上で寝なくてはならなくても、襲撃を受けても、雨や雪が降っても、台風の風がひどくても、蚊の襲撃で寝れなくても、あきらめて路上で生活しているのです。
取捨選択をしています。
が、できれば権利・自由の広さを示してあげたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター