海峡(せと)プチキャラバン(4)

小豆島はオリーブの島としても有名です。
オリーブは健康食品として近東(オリエント)・南欧で評価をされていました。パンを食する時オリーブ油にしたして食べていたのですが、フランスなどは寒くてオリーブが取れなかった。それ故にパンにつける代用品としてバターが生まれたと言われています。
創世記の18章にはカッテージチーズ(凝乳)でもてなした記載があるので、もしかしたらイスラエル周辺でもバターも既にあったかもしれませんがパンにつけるのはオリーブ油のようですね。
そんな太古から食品としてあったオリーブ油ですが、日本では文久2(1862)年、及び慶応3(1867)年に医師林洞海がフランスから輸入した苗木を横須賀に植えたのが最初だと言われています。
この木には実が付くことなく終焉を迎え、その後温暖な和歌山なども失敗。1908(明治41)年、農商務省が三重、香川、鹿児島の3県を指定してアメリカから輸入した苗木で試作を始めたなかで、香川(小豆島)だけが栽培に成功したのが、小豆島がオリーブの島と言われる所以なのでしょう。
街路樹のように、そして小さな畑でもオリーブがそこかしこに植えられ、大きな産業になっているのが分かります。

20151031-21

20151031-22

道の駅小豆島オリーブ公園につきました。ここは道の駅と言う感じは全くなく、どこに車を止めたらいいのか?考えてしまうようなところですが、施設がクローズドされた後はひとけもまばらでしたので、海の見える場所に車を止めらせて頂きました。横にはオリーブの林。静かです。
その先にサンオリーブと言う建物があり、その3階が温泉です。

****

お風呂には家族連れはもちろん、この施設内で作業をした(?)オリーブ農家さんも来ているようで、サウナで同席したお二人の方は「うちはミッション3ケース。そっちはどう?」「うちは量が少ないから(オリーブの種類)4種ミックスで絞った。でも使ってみるとブレンドの方が何の料理にもあうみたいだな」「でも、売りやすいのは単一品種もんだよな」
なんていう会話。もう少し知識があれば面白い会話だったのですが残念でした。

****

小さい小豆島ですが観光地はたくさんあり、その一つの寒霞渓。ここのシーズンのロープウェイは2時間以上も待つことがあると聞いていたので、早朝にロープウェイ乗り場の駐車場に移動することを検討。
さっそくドイツ村で買った赤白のワインを飲んでおやすみなさい!!

20151031-23

6時30分過ぎ、寒霞渓ロープウェイの麓駅に向かって出発。
ところが紅葉にはまだ早く誰も居ません。そして何よりも駐車場が坂に作られているので傾いています。これじゃあ朝食を食べるのもままならない。じゃあ山頂まで行っちゃえ!と車を山頂に向けて走らせます。

昨今ハロウィンなるお祭り騒ぎが日本でも大流行していますが、そんな騒ぎに乗じてお店前のキャラクターは魔女のとんがり帽子、手にはほうき、天井から蜘蛛巣がぶら下がり…でしたが、そんなイヴェントが終えればクリスマス商戦とキャラクターものをサンタの衣装に着替えさせたりしています。
元来クリスマスをお祝いするキリスト教徒は11月29日のアドベントからクリスマスのお祝いをするもんですが、気の早い人たちは本当のそれを無視してもう騒ぎ始めているのです。

樹木も同様なのかもしれません。秋紅葉真っ盛りには2週間ほど早いですが、どこの世界にもあわてんぼうがいて、でもそうした木々に僕ら観光客は救われました。

20151101-01

20151101-02

寒霞渓の先には田浦地区が見えます。内海湾があるのでぐるっと回らなければ本島に行けないので、4年生までは田浦分校で学んだのが二十四の瞳の舞台。

20151101-03

ロープウェイの乗り場から見下ろすと切り立った中をおちる谷。紅葉だったら絶対に乗りたいものです。

20151101-04

ここは山頂の景色よりロープウェイの景色なんでしょう。
フェリーの時間には早いですが山を下ることにします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター