海峡(せと)プチキャラバン(1)

今年も近しい友人にお声をかけさせていただき秋のプチキャラバンに行ってきました。
鳴門の瀬戸と呼ばれた鳴門から土渕海峡のある小豆島を経由して姫路を通って帰ってくる瀬戸内の旅。
そもそも瀬戸内海とは、2つの瀬戸に挟まれた海という意味。迫門(せと)、狭門(せと)、湍門(せと)と言われていた「海峡」をする言葉の内海という事。

仕事を終えF母娘をピックアップして、今日はなんとしても草津PAまで頑張らねば…。昔この車を購入したころは、同じ時間に出発して、西紀SAやポートアイランド北公園まで走ったものですが、体力の衰えを感じます。草津PAまで行くのが精いっぱいです。
でも、あの大きな大塚博物館を見るために少なくともお昼には鳴門にInnするためには翌日H子さんのピックアップ時間は9時くらいにしたいなぁ~。

****

はい、根性で起きましたよ(笑) 一路南京都へ。
そしてピックアップしてそのまま大阪・都市高速神戸線経由で淡路島。
日本神話では一番最初の日本となる場所(架空の淤能碁呂島を除くと)のがこの淡路島なんですが、日本列島という大地ではなく、ここが「島」であったと古代の人は存じていたのでしょうか?車で約1時間、徒歩という手段と鳥瞰図を持たない平面の思考でこの大きな陸地が島であることが分かったとするのだから古代の人の知恵には驚かされます。
そして11時、大塚美術館につきました。

熱海救世教美術館と双璧の長い長いエレベーターを降りたところが入場の地下3階。
まずは現物大のシスティーナ礼拝堂がお出迎え。バチカンの礼拝堂の天井はミケランジェロ氏の最高作とも言われる「最後の審判」のフレスコ画。これを見るだけで圧倒されてしまう美術館です。

20151030-01 (地下3階からの撮影)

20151030-03 (地下2階?からの撮影。35mm換算で17mmレンズで撮影しているのでデフォルメ力がすごいです。奥の人と近くに立っている人から大きさを想像してください)

20151030-02

だってこの絵の大きさが人間より大きいんですから…・。それが何百枚も描かれている。しかもミケランジェロ氏の時代は、天井からつるされた籠の中で描きながらも、地上で見上げる人の視線で美しくなるようにデフォルメ(湾曲した絵の収縮)をさせているのですかラ、それだけを考えただけでも天才だと分かるものです。

2000点を超える展示品ですので、素晴らしい作品であったとしてもここではご紹介できませんし、きちんと見るならば1日じゃあまわり切りません。
そしてこれだけの有名な作品を本物で集めたらそれこそ天文的な金額になってしまいます。が、大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術によって、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものなのでこうしたことができました。
ですから、いろいろな美術館で企画されている「ルーブル美術館展」の様なその美術館が持っている美術品の展示のみではなく、世界中の名品がここで見ることができます。

前回も注目した作品は「受胎告知」。この作品は多くの方が描かれていますが、そうしたものを一堂に集められて同時に見られるのはここならでは。
天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。 あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。
 ルカによる福音書1章28-31

この聖書から読み取れるのは、マリアは天使という非現実的な『人』の訪問に明らかに動揺している点。そんな表情を各画家はどう描いているのでしょうか?

20151030-04 1440年ころのイタリアの画家フラ・アンジェリコの作品。僕が一番好きな受胎告知の絵。

20151030-05 1470年代のレオナルド・ダ・ヴィンチの作品。聖書に書かれた動揺より、聖母マリアとしての威厳を優先されたか?

20151030-06 1500年代後半のフェデリーコ・バロッチの作品は、もう優しい慈愛のマリア像。

20151030-08 左右にあるオルガンの外板に描かれたジョヴァンニ・ベリーニの作品。

20151030-07 1580年ころティントレットによる作品。他とは作風が違うな、たくましいマリア・・・。もしかしたら紀元前後のこの時代の女性としては一番本物に近い女性像かも知れないな。

****

20151030-09

20151030-10

リュベンスの最後の審判の一部。天使が現世で悪行をした人(?)が天国に来るのを力づくで阻止している(笑)
オーッ!マイゴット!! 僕らの信仰理解と大きく違っているのは、宗教は不変ではなく、その時代とともに伝えようとすることが変わっている証拠か。

****

11時に到着して混む前に食事をして12時から鑑賞。それでも最後の階につ居た頃に館内放送。「当館は17時閉館します」のアナウンスに最後は少し駆け足。
時間があったら渦の道に行こうかと思ったけれど諦めます。
たくさんの写真も撮ったけれどご紹介もこの辺で打ち切りにしましょう。

途中夕食の食材を買って地元のお仲間さんお勧めのあせび温泉やすらぎの郷に行くことにします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター