だからマイナンバーは嫌だ!(ベイファンの歯ぎしり)

来年1月の運用開始に向けて準備が進むマイナンバー制度をめぐる汚職事件が13日、明らかになった。制度では情報処理システムの大規模な改修や新設が必要で、発注総額は「1兆円規模」とされる。激しい受注合戦が繰り広げられる中、生まれた官業の癒着。新たな“巨大市場”に警視庁の捜査のメスが入った。
 「IT業界にとってのマイナンバーは、建設業界にとっての東京五輪と同じ。巨大な需要をめぐり業界は沸いている」
 政府関係者はそう指摘する。政府は制度導入に絡み、平成29年度までに3千億円弱を情報処理システム関連に投入する見込みだ。民間側のシステム更新も含めると、市場規模は1兆円以上ともいわれる。
 国税庁や総務省などの省庁で、税金などの処理システムがマイナンバーに対応。厚労省では、年金▽ハローワーク▽労災▽医療保険-の4分野がマイナンバーに関与する予定だ。収賄容疑で逮捕された厚労省情報政策担当参事官室室長補佐、中安一幸容疑者(45)は省内で制度への対応を主導していた。
 ただ、特需は業界全体を潤すわけではなく、事業受注は過去のシステムを運用してきた既存の大手業者が有利とされる。「中小企業が中央省庁の大規模案件に参入するのは難しい」と政府関係者は話す。

 “中小受難”ともいえる逆風に贈賄側のIT関連会社は挑んで、事業を獲得していた。
 信用調査会社などによると、IT関連会社は資本金3千万円、従業員15人の中小企業だが、医療関係のシステム開発を中心に最盛期の22年9月期には計8億9800万円の事業を受注した。仕事の中心は官公庁。23年は立件対象となった11月の2件の応札だけで売り上げの3割を占めた。27年9月期には2億4100万円を受注したが、発注元は全て官公庁。「官との関係が会社の業績を左右していた」(捜査関係者)
 事件の舞台となった企画競争入札では、業者の出した企画書を発注元が審査して委託先を決める。コストだけでなく、政府の意図に響く提案が求められる。捜査関係者は「政府の意図を知っていれば大手でなくても受注できる。そこに中安容疑者と業者の間に癒着が生まれる素地があった」と指摘する。

 今回の事件は、現金のやり取りから既に4年が経過しており、IT関連会社側は贈賄罪の公訴時効(3年)が成立している。
 供述が重要な証拠となる贈収賄事件では、贈賄側が時効となるケースは立件は困難とされてきた。贈賄側は立件の心配がなく、供述が得やすい半面、供述の信用性は薄れるためだ。
 それでも警視庁が収賄側立件にこだわったのは、今後も多額の発注が見込まれるマイナンバー制度が利権と化し、不正が続発することを牽制(けんせい)するためだ。
 マイナンバー制度は民主党政権が「税と社会保障の一体改革」を掲げたことで正式に始動し、来年1月の導入に向けた準備が進んでいる。捜査関係者は「一罰百戒というわけではないが、新たな制度が新たな不正の温床になることはあってはならない」と話している。
 産経新聞 10月14日(水)7時55分配信

同じように1人に1つの番号が付いた「年金」がなんども情報が漏れたりする不具合を僕らはよく知っています。そしてその不正の解消のために何度も多額の税金が使われ、みんなそんないい加減な対応に不満を持ったものです。
それでも同じようなマイナンバーを発行するという…。その裏にあるものを推測しなければいけないかもしれませんね。
つまり、この制度を推し進めているのはやはり企業体ではないでしょうか? 「しめた!儲け話」と多くのIT企業が飛びついたわけです。

そんな降ってわいた儲け話に飛びついている中、こんなニュースが載っていました。

プロ野球DeNAが、本拠地横浜スタジアムの運営会社を買収する方針を固めた。
 14日に関係者が明らかにした。球場を運営する株式会社横浜スタジアムに対するTOB(株式公開買い付け)を実施し、発行済み株式の過半数の保有を目指す。買収額は100億円前後となる見通し。
 昨季の球団の赤字額は約15億円。球団と球場の経営統合により、黒字化を促す狙いがある。経営の意思決定についても迅速化を図り、関係者は「ばらばらだった2社が一つになることでスピーディーな連携が可能になる」と話した。具体的な買収完了時期は未定。
 今季の横浜スタジアムの平均座席稼働率は約89%。観客動員数は180万人超と増加したが、入場料収入は頭打ち傾向にあり、買収によって運営会社が大半を得ている広告収入を取り込む目的がある。座席増設も検討し、ファンサービスや飲食事業の充実を図るという。
 国内ではソフトバンクなどが球団と球場を一体経営し、大幅に収益を伸ばした例がある。関係者は、経営改善が今季最下位、10年連続Bクラスのチーム強化にもつながるとの考えを示した。
 時事通信 10月14日(水)10時2分配信

他人が企画した案件に飛びついてコバンザメのようにおこぼれを頂くのではなく、自分の力で利益を生み出そうとしている姿。何ともかっこいいではないか。
「横浜ベイスターズ」と企業名が冠に載っていないチームを応援したいと思っていた僕にとって、「DeNAベイスターズ」という名前は悲しかったですが、それでも訳の分からなかったDeNAという会社が漢気を見せて(?)自らの力で収益をあげようとする姿にファン度を増しました。

意味のない危険なマイナンバー反対です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター