福島第一原発の汚染水は制御している?

北関東から東北一帯の豪雨の被害は凄まじいものがあり、被災地の皆さんには心からお見舞い申し上げます。
河川氾濫のニュースが多い中、東北と言えば大量の被曝表土を保管しており、それがどうなったかも心配です。

福島県内で“黒いピラミッド”と呼ばれるものがある。
除染作業で出た放射性廃棄物を詰めた黒い袋(フレコンバッグ)の総数は約14万個。そのフレコンバッグがあちこちで3段、4段と積み重ねられ、まるでピラミッドのように見えることから、住民たちがそう名づけたのだ。
その黒いピラミッドが今、危機を迎えている。福島で活動する環境NPO法人の職員が言う。
「フレコンバッグの耐用期間は3年から5年。福島第一原発事故からすでに3年3ヵ月が過ぎ、一部のフレコンバッグが破損し、汚染された土や草木などがむき出しになっているのです」
確かに、記者も同じようなケースを目撃している。今年3月、福島県田村市で除染の取材をしたときのこと。一部のフレコンバッグには縦に亀裂が走り、その裂け目から汚染土がこぼれ出ていた。
「水を含んだ汚泥や植物なども一緒に詰められているので、腐敗ガスが発生してパンパンに膨れ上がっていたり、草木から芽が出て袋を突き破るというケースもある。耐用期間が切れて劣化が進めば、さらに破れやすくなります」(環境NPO法人の職員)
フレコンバッグの大きさは1m四方で、重さは1~1.5tにもなる。NPO法人・原子力資料情報室の上澤千尋氏もこう危惧する。
「保管時だけではありません。将来、中間貯蔵施設に搬入しようとクレーンでつり上げた際、自重でフレコンバッグが破損することも考えられる。原子炉から生じる廃棄物を搬出するには、まず200リットルのドラム缶内に密封し、それをさらにひと回り大きな金属コンテナに入れて運び出すなどの細かなルールが法律で義務づけられています。フレコンバッグを搬出する際のルールも定めるべきなのです」
だが、国の反応は鈍い。フレコンバッグ破損にどう対処するのか、明確な対応策は示されないままだ。除染を実施しているある自治体の担当者がこう証言する。
「フレコンバッグが破損すれば、内容物を新しいフレコンバッグに移し替えなくてはいけないでしょうね。ただ、環境省からはそうした場合の具体的な指示は来ていません。新しいフレコンバッグを買うための予算措置もありません」
 週プレNews 2014年07月03日

週刊誌の記事で裏取検証をしたわけではないけれど1年以上前の記事です。すでに穴が開いている。そこから汚染土壌が出ている。重量と紫外線と生命体の営みでフレコンバックは穴が開いている、と語った文章。

そしてこの大量の雨。

安倍氏はIOC総会で「福島第一原発の汚染水は制御している」と発言しましたが、汚染水とはなんなのでしょう?
福一の敷地内の水だけを汚染水と言っているとすれば全く愚の骨頂。
それでも日本政府は福一敷地内だけしか考えてません、と言うつもりなのでしょうか?
わざわざ汚染土壌だから、危険だから、と集めた表土。それを水に溶かせば汚染水になるのは当然の理屈で、雨が降る場所に野ざらしにしている時点で「制御」なんてできていないことは推測できます。
多分川を伝わって海に流出するでしょう。

でも、政府はオリンピック招致に成功した今、何の手立ても講じる気はないのでしょうね。

21:51追記
なんて生易しい事態ではなかったんですね。

20150911-01

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター