明日のパトビラ(№896 - 立場による偏見・見た目の蔑視による決めつけ -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。 B5の用紙なので字数に制限があり言葉足らずですが・・・・。


8月の中旬に大阪であった中学1年生2人の殺害事件。そんな渦中に巻き込まれた方のニュースが載っていました。「子どもたちが"ネコじい"と呼ぶ戸塚正樹さん。39匹のネコを飼い、チェーンをアクセサリーのように首に巻くなど独特のスタイルで注目された。しかし疑われていたという。「ああ、こうやって撮影しておいて犯人だったら顔を出すんだなと・・・(後略)」(週刊女性9月3日配信)犯行が緻密になってきた昨今、警察が躍起になること。マスコミが特ダネを探したがることはわからなくもありませんが、「立場による偏見・見た目の蔑視による決めつけ」での犯人探しは人権問題でもあり、取り逃がし・冤罪を生む原因でもあります。2009年2月にも沼津の殺人事件犯人探しで、警官が小田原駅周辺で寝ている野宿の仲間たちの顔写真を夜明けの5時頃撮影に来て問答無用で映していった、という事件がありました。
協力は惜しみませんが、警察やマスコミも人権を守ってほしいものです。


上記の小田原での人権無視の対応以外でも、警官の「決めつけ」には何度か遭遇しています。
パト2,3年目のころ、東町公民館の周辺で寝ている人がいるという情報を受け、同公民館の周りを探している時に巡回中の警官2名と出会いました。
警「何なされているのですか?」
僕「野宿者の支援でここら辺で寝ているという情報を受け訪問をしました」
警「ここらへんにはもういませんよ」
僕「なぜですか?」
警「この公民館の窓ガラスがホームレスによって割られたので私たちも巡回していますが見つからなかったからです」
僕「ガラス割った犯人をご存じなんですか?」
警「いや、(通報者も)逃げた後らしく見ていないようです」
僕「じゃあなんでホームレスだとわかるのですか?」
警「(言葉に詰まってひるんだ後投げ捨てるように)ホームレスぐらいですよ。じゃあ・・・」早足で逃げられました(笑)

昔自治会の組長をしていた時も「中国人の窃盗犯が…」「彼らのピッキングの…」、いやいや空き巣、泥棒は、中国人だけじゃないですよ。そういう偏見が独り歩きして、犯人を見誤るんです。不可思議な態度の日本人がいても「日本人だから」と取り逃がす原因になるのです。
比率が多い少ないことはあっても絶対0%でない時は、色眼鏡で見ないことは見誤らないための大切な心がけです。
極めて当たり前のことですが、生活保護者、野宿を余儀なくなされている人、奇抜なファッション…すべて犯罪とは因果関係はありません、無縁です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター