黄色い軍団海を渡る(やっと終わった…)

Blogをご覧の皆さんは覚えていられるでしょうか?
僕らはこの4月にSan JoseのRFLに参加しました。そのしてその関係の最後のBlogがこれでした。

その後6/23に僕のカードにデビット機能はついているか?の確認。
7/21にホテルとのやり取りがなかなか進まないという報告。
7/30に本部のカード情報との確認をしているとの報告。
8/13にその料金はN尾さんのキャンセルチャージ(1泊分)との報告。をぉ久々にN尾さん登場だぁ~(^^)/
という事で、ことの顛末の詳細を伝えました。宿泊者の人数は当初予約した10人に変わりなく、部屋数が足りないと言ったのはホテル側で、それに対して謝罪の夕食代サービスをしてくれたので当方がキャンセル料を払うのはおかしいと思う、と。
そんなやり取りをしてただ今無事に

20150827-01

お金戻ってきました\(^o^)/

総括すれば、海外旅行の難しさを知りました。特にカードでやり取りをすると、その場での決済ではないので、あとあとメールなどで対応をしなければなりませんが、相手が誠意を持って対応してくれるかはわかりません。というか、誠意を持っていても、何が問題点なのか?を理解させる語学力がないと入口にも立てません。お金は既に相手の手元に人質になっているのですから切れずに粘り強く交渉をしなければならないのでしょう。
その点よかったのは、マリオットインターナショナルでは日本支社がありそこのSさんが誠意を持って対応してくれたことでした。日本語でやり取りを続けれたおかげで今日この日を迎えれたのだと思います。
トラベルの語源はトラブルと同じ言葉と僕はよく言っております。根が単純なのか、終わりよければすべてよし、でこんなトラブルがあったとしてもまた時と場合にはマリオットさんを使う事でしょう。嫌なトラブルよりすべて無事に終えることが出来た感謝の方が大きく晴れやかな気持ちです(^^)/
それはそこにトラブった時の誠意ある対応力があるかないかが問題です。(たとえ同じ系列会社の従業員だとしても)第三者が僕のために時間を割いた、という事実。一生懸命問題解決を図ってくれた事実。それがあった故に笑顔で黄色い集団海を渡るというサンノゼ旅行記を閉じることが出来るというものです。
長かったこのシリーズはこれにて(たぶん)最終話です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター