亡くなられた英霊の皆様に感謝と哀悼の意を表します。

終戦記念日の今日、為政者のメッセージに『亡くなられた英霊の皆様に感謝と哀悼の意を表します。』という言葉があります。
でも、70年前に政治を導きその延長にある今の為政者の言葉としてこれでいいのか?は、特にアジア諸国に向けた首相談話と同じで何かピントが外れているように感じてなりません。

当時の若者が、家族のために、愛する人のために命を捨てた、というのは、そのような事象を引き起こしてしまったことに起因します。
そして命を捨てるのは当然と思わせたのは「間違った教育」によるいわば洗脳の結果でしょう。

終戦記念日、為政者は国民に「感謝」ではなく、間違った政策による死を「謝罪」すべきものではないでしょうか?
英霊とは間違った政治によって殺されてしまった若者のように思えますし、ピュアーな彼らが間違った教育によって死を選択したことだけを「美しく描く」ことなく、被害者として描くことこそ本質が見えるような気がしてなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター