信じて行うこと

5月10日、小田原教会に与えられたみ言葉は、ルカによる福音書 7章 1-10節。表記のタイトルの説教を長井美歌牧師より受けました。
今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったことを含めて綴ってみます。(説教の要約ではありません)


イエスは、民衆にこれらの言葉をすべて話し終えてから、カファルナウムに入られた。
ところで、ある百人隊長に重んじられている部下が、病気で死にかかっていた。イエスのことを聞いた百人隊長は、ユダヤ人の長老たちを使いにやって、部下を助けに来てくださるように頼んだ。
長老たちはイエスのもとに来て、熱心に願った。「あの方は、そうしていただくのにふさわしい人です。わたしたちユダヤ人を愛して、自ら会堂を建ててくれたのです。」
そこで、イエスは一緒に出かけられた。ところが、その家からほど遠からぬ所まで来たとき、百人隊長は友達を使いにやって言わせた。「主よ、御足労には及びません。わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ですから、わたしの方からお伺いするのさえふさわしくないと思いました。ひと言おっしゃってください。そして、わたしの僕をいやしてください。わたしも権威の下に置かれている者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また部下に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」
イエスはこれを聞いて感心し、従っていた群衆の方を振り向いて言われた。「言っておくが、イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。」使いに行った人たちが家に帰ってみると、その部下は元気になっていた。



素直な気持ちで読めば、イエスでなくても感心する逸話です。そうした逸話の説教を長井美歌牧師よりお聞きしました。
今日の箇所は「平地の説教」と呼ばれる箇所のすぐ後の箇所です。イエスの言わんとした事をぎゅっと濃縮した説教の後、この百人隊長がその説教を実践している具体例として描かれています。

強大なローマ軍は、大隊、中隊、小隊という形で組織していますが、この百人隊はその組織の中の一番小さな単位の軍隊です。その隊長ですから、大隊の大将のような地位や名誉をもつ人ではなく、本当に無名なうずもれているような存在の人です。
今の社会の中では「人がいいけれど、その性格ゆえに出世のできない人」を想定しながら説教を聞き続けます。
百人隊長はその部下を評して「重んじられる」としていますが、岩波版聖書では「かけがいのない」と訳しています。もっと重たく、そして親密な関係。見方を変えれば、前述のように性格の良さゆえに出世できないこの百人隊長の部下を見る目の優しさを感じます。

そしてこの百人隊長は、そんな自分の職業上の権威であっても部下に命令できるので、イエスに対してもわざわざ家までご足労下さらなくても、「病に『出ていけ』と」命じるだけでいい、と語ります。
しかも、ユダヤ教の社会においては蔑視されている異邦人の自分にはお会いする立場でもないと謙遜するわけです。
ローマ軍とイスラエルのユダヤ民族という立場を見れば、支配者と被支配者の関係ですが、そうした「この世的な」地位ではなく、神の前に額ずく者としての立場で語るのです。

牧師は、そうした記載された文字上の百人隊長の意思表示とは別に、「自分が出向かない」という友やユダヤ教の長老たちへの信頼にも注目をされました。
イエスとは異邦人である自分との違いを十分に認識しながらも、委ねる神への帰依という点では共通だと謙虚に依頼をする姿。
そして常日頃からの交わりとそこから生まれる信頼、こうしたことは特に今日の社会の中でもそのままの姿として読み取り実践していくべきもののように思いながらお聞きできました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター