黄色い集団海を渡る(11)

少し僕らのチームに関することとそれに関する考察も記しておきましょう。

日本におけるRFLの参加者は大人につれられた子ども以外はあまり多く子どもの姿を見受けることがありません。
少なくとも僕はそんな推測の元準備をしていたのだと思いますが、実際こちらでは子供の姿が本当に多かったです。
なかでも何人かのお子さんは、わがチームを気に入ってくれて何度も遊びに来てくれました。

20150425-02

日本にご親族がいる。日本大好きと言ってくれた子は、竹とんぼや折り紙にもチャレンジ。
でも、両方ともとても難しいようでした。竹トンボは特に多くの子どもたちがチャレンジしてみましたが、コツをつかむのは大変みたいです。
一方、新聞紙で負った兜は公表。被せてあげるとみんなニコニコ(^_^)/

一番人気はぴかぴかグッズ。これは他のテントでも2,3のチームが販売していましたが、形の豊富さはわがチームが一番。指輪やキャラクターの形はどうも他のテントになかったようであっという間に売り切れてしまいました。
RFLというイヴェントの参加者が子どもが中心、という事は想定外でした。次回があればそうした年齢層に人気が出そうなものをそろえたいものです。

20150425-06

隣の長老派教会チームの方は早速着物に目をつけてくれて購入してくれました。前にも書きましたが、値段は買える範囲だったら問わないのがこうした募金のマナーのようです。それは子どもたちの1ドルの商品を購入するところまで身についていました。

20150425-08

まきどんさんがエントリーしてくれていて、僕らは(いや茶っきりレデースなので)あたしたちはアナウンスの中グランドを一周。4人の美女とクマモン1匹はわれるばかりの歓声とフラッシュを浴びました(^_^)/

そして当然のごとく取材も受けて・・・

20150425-03


20150425-01

忘れちゃいけないのはピヨコも参上。山本ファミリーの長男君はちょっとシャイ。でも頑張ってきてくれてカメラマンの要望にこたえてくれました。

20150425-04

そして不良ピヨコは、ピンクリボンブース(?)からカエルブラを買って装着。

20150425-05


大いに楽しみ、大いに文化の違いを知った2日間でした。5時前、ラストを目前でしたが疲れも出ました。帰宅することといたします。
RFL_Cambrianの皆さん、お交わりをありがとう。そして準備から片付けまで多大なフォローをしてくれた山本牧師ファミリー、ウェスレーメソジスト教会のU姉、本当に感謝。

いつものスーパーでカリフォルニアロールを買って部屋に戻ります。

20150425-07

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター