市議会議員選も中盤です

 統一地方選は後半戦に入った。19日告示の市区長選などに続き、21日には町村長選や町村議選もスタート。選挙カーが駆け抜け、街中にポスターが登場する。大正時代に選挙運動の決まりができてから90年。昔ながらのルールのもとで、今も選挙戦が繰り広げられている。

 「サトウ、サトウ、サ・ト・ウをお願いします」
 選挙期間に突入すると、どこからともなく聞こえてくる候補者名の連呼。選挙カー乗車歴24年の安東美智子さん(46)は、約250の選挙でマイクを握った。「指の間から票が逃げないように」と、手を振る時は必ず指を閉じて。いつもの験担ぎだ。

 でも、そんなに名前ばかり繰り返さなくてもいいのに――。いや、繰り返すしかないのだ。

 理由は公職選挙法にある。走行中の選挙カーで演説などの選挙運動をすることは原則禁止されているが、例外として連呼は認められている。1964年、ポスター掲示などをめぐる規制が強化されたのと同時に決まった。「規制と緩和。バランスをとろうとしたのでは」と総務省。
 1軒ごとに票をお願いする戸別訪問が禁止されている日本では「連呼は貴重な選挙運動の一つ」と当選2回の神奈川県議は言う。
 選挙カーの声が届かないと「うちらを忘れたのか」と怒る支持者もいるとか。「ちゃんと見てますというPRなんだ」。相模原市議選の現職陣営がそう話していた。ただ、山形県選管が2013年に公表した調査では、連呼を参考に投票先を決めた人は0・4%。選挙運動に「正解」はない。
(朝日新聞デジタル - 04月21日 09:39)

博識の友人にお聞きすると、「選挙で連呼」という手法はナチスから始まったのだとか…。

三宅洋平氏が国政選挙に際してチャランケという言葉を愛用していました。
今回の小田原市議会議員選挙において僕もピンクドットをイメージカラーとしている候補者を支援していますが、実は「その一人」だけが当選すればいいと思っているわけではありません。
残念ながら1票しかないので、いちばん古くからの付き合いで、政策に一番共鳴できるから、その1票を投じるだけで、1人だけ当選しても小田原市は変化していかないことは分かっています。
過半数以上の「仲間」を作れることが大事なんです。

20150422-01

それ故に、あしがらには大きな期待をしています。
選挙の時はそれぞれ自分を当選させなければならない議員さんたちも、その人たちを応援している人たちも、当選した暁には、ともに当選を祝いあい、そして山積している問題点を一緒に整理し、一人ではやりきれないことは分担していく、そんな組織になってくれたらいいな、と思うのです。

議員の仕事は政策です。選択するのも政策です。
「明るい小田原を目指します!」 いやいや、小田原市議会議員になろうと志す方は、「暗い小田原」なんて目指さないでしょ?
もっと具体的に、小田原城ホールの話、斎場の話、しましょうよ。
何が問題なのか、どうしたいのか、一緒に語りましょう。
そういう議員を選ぶのに、選挙カーの上から政策を発言できないのなら、選挙カーなんて全面禁止すればいい。うるさいだけの邪魔な存在です。

そうじゃない、具体的にどのようなヴィジョンを持っているか語り合えるそんな選挙戦になれば、政策に書かなくても「明るい小田原」になります。
きちんと政策を学び、そして語り合えるすべての方の当選を祈っています。
選挙が終わったら あしがらでみなで色々な「政治」を語り合いましょう。
選挙は政策なんて関係なく名前の連呼だけとシラケテしまわないように…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター